Rakuten infoseek

辞書

【しき】

デジタル大辞泉

しき【式】
ある定まったやり方やかたち。方式。形式。型。「に従う」
一定の作法にのっとって行う、あらたまった行事。儀式。「を挙げる」
数学その他の科学で、文字や数を演算記号で結びつけ、ある関係や法則を表したもの。数式方程式化学式など。「を立てる」
論理学で、三段論法を構成している命題の質や量の違いによって生じる諸種の形式。論式。
平安時代、律令および、その追加法令である格(きゃく)施行細則延喜式など。
式神(しきがみ)」の略。
「陰陽師(おんやうじ)を語らひて、―を伏せたりけるなり」〈宇治拾遺・二〉
事情。事柄。
「此の程の―をば身に替へても申し宥(なだ)むべく候」〈太平記・一〇〉
名詞に付いて、型・様式・方法・種類などの意を表す。「日本のあいさつ」「電動

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しき【式】[漢字項目]
[音]シキ(呉) ショク(漢)
学習漢字]3年
一定のやり方。作法。きまり。「格式旧式形式書式正式定式複式方式洋式様式略式
型をふんだ行事。「式典儀式挙式葬式上棟式卒業式
記号・数字を連ねて事物の関係などを表したもの。「数式等式化学式
律令の施行に関する細目。「格式(きゃくしき)延喜式
ひとそろい。「一式
[名のり]つね・のり・もち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しき【式】
一定の作法にのっとって行う行事。儀式。 祝賀の-
特に結婚式。 -を挙げる -の日取り
ある物事をするときの一定のやり方。 そういう-でやってみよう
数学・論理学などの諸科学で、記号を用いてある関係や構造を表したもの。 -を立てる
律令の適用の仕方を定めた細則。また、それらを編纂へんさんした書。「弘仁式」「延喜式」など。
ことのわけ。ことの次第。事情。 此程の-をば身に替ても申し宥なだむべく候/太平記 10
名詞の下に付いて、一定の方式・形式・やり方である意を表す。 日本- 電動-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しき
律令や,その追加,改正法令である格 (きゃく) の施行細則をいい,またそれらを編集した書をいう。平安時代に入ると,社会情勢の変化に伴い,盛んに格や式が発布され,それらの編集も行われ,『弘仁式』 (→弘仁格式 ) ,『貞観式』 (→貞観格式 ) ,『延喜式』などが作られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しき【式】
[1] 〘名〙
① ある物事をするについての定まった形式や方法、型、体裁。定まった法則。一定の標準。規則。式目。方式。のり。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)一〇月乙卯「凡国司処分公廨式者」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「何の道にも式(シキ)のあるもので」
② 律令の施行細則。諸官司の事務執行について細かく規定したもの。政務執行の便のため、後にこれらの編集整理が行なわれ、弘仁、貞観、延喜の三代の式のほか、交替式、蔵人式などが編纂された。→格式弘仁式
※出雲風土記(733)意宇「右の件(くだり)の郷(さと)の字は、霊亀元年の式(しき)に依りて、里を改めて郷と為せり」
③ 一定の作法をともなう行事。儀式。式典。
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)上「上人自ら祭文を草し、其の式を定め行ひ、終に高山寺の恒例の勤めとなる」
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)〈文部省〉六「ぞーにをたべて、学校の祝の式(シキ)に、行きたり」
④ (「しきの…」の形で) 型通りのこと。通常のこと。普通のこと。
※とはずがたり(14C前)三「人々つぶやき申もありしかども、御ことはうちまかせたる、しきのく御、九こんなどつねのことなり」
⑤ 事情。有様。次第。様子。
※古今著聞集(1254)一三「心なき草木までも皆うちしほれたる世のしき、いまださめやらぬ夢の心地なり」
※太平記(14C後)一〇「何にもして此方へ御出候へ。此程の式(シキ)をば身に替へても申宥む可く候」
⑥ 「しきがみ(式神)」の略。
※宇治拾遺(1221頃)二「しきにうてけるにか、此烏は式神にこそありけれと思ふに」
⑦ (━する) 「しきれい(式礼)」の略。
※歌舞伎・隅田川花御所染(1814)三立「両人支度あり、二重舞台へ式(シキ)して竹刀を取上げ、色々立廻りあって、お初、霧島をしたたかに打つ」
⑧ 数学・物理学・化学などで、記号をつらねて対象、関係、法則などをあらわすもの。方程式・不等式・分子式など。〔工学字彙(1886)〕
⑨ 論理学で、三段論法を構成している三命題の質および量の相違によって生じるいろいろの形式。三段論法の種々の形式。推理式。論式。
[2] 〘語素〙 名詞に付いて、型・様式・方法などの意を表わす。「日本式」「洋式」「手動式」「電動式」など。
[語誌](1)(一)⑤の有様や様子、ことの次第を表わす意味は、本来の漢語「式」にはない日本独自のもので、一三世紀後半から現われる。特に、日記・文書など記録体の資料では、「散々」「不便」「言語道断」などの様態を表わす語句をうけて「…(之)式」の形で用いられ慣用化して、接尾語化した。
(2)「これしき」「我等(われら)しき」など接尾語としての用法は、この⑤の意味に由来し、言外にほのめかされる多数の同種同類のものを包含して卑下や軽視の感を添えるが、まれに、「たぼしき(女性の意)」「まるしき(金銭の意)」「あんばいしき」など、有様や様子を表わすのみで、卑下や軽視の意味をもたない用法もある。→しき〔接尾〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.