Rakuten infoseek

辞書

弁辰【べんしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弁辰
べんしん
Pyǒnjin
朝鮮,古代の部族名,地域名。弁韓ともいう。『三国志魏志東夷伝によると3世紀なかば頃朝鮮半島南部には三韓族が分立していたが,現在の慶尚南道,洛東江流域付近には弁辰 12国があり辰韓雑居し,服装,言語などもほぼ同一であったという。ただし国といっても大国で 4000戸,小国で 600~700戸ほどの小規模なものにすぎなかったらしい。この地から鉄を産出したので,濊,倭の諸族がこれを入手して中国の銭のように使用したという。三韓諸国は,やがて馬韓の地から百済が興り,辰韓の地から新羅が独立したのに対し,弁辰の大部分は進出してきた日本の支配下にいわゆる任那諸国として統合された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べんしん【弁辰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

弁辰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弁辰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.