Rakuten infoseek

辞書

【ケン】

デジタル大辞泉

けん【建】[漢字項目]
[音]ケン(漢) コン(呉) [訓]たてる たつ
学習漢字]4年
〈ケン〉
建物などをその場所にしっかりと定める。設置する。たてる。「建学建国建設建造建築再建創建封建
作りあげる。成す。「建功・建策
意見をさし出す。「建議建言建白
「建築」の略。「土建
〈コン〉寺などをたてる。「建立(こんりゅう)再建(さいこん)
〈たて〉「建具建物
[名のり]たけ・たけし・たける・たつる・たて

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【建/献】[漢字項目]
〈建〉⇒けん
〈献〉⇒けん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たて【建】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たつ【建】
暦注の十二直の一。種蒔き・柱立てなどに吉、船乗りなどに凶という日。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐ざ・す を‥【建】
〘他サ四〙 (「尾指す」の意) 北斗星の斗柄(けんさき)が、十二支のいずれかの方角を指す。陰暦正月の夕刻には寅の方角を指し、二月の同時刻には卯を指し、一年のうちに順次十二支の方角を指す。
※浄瑠璃・井筒業平河内通(1720)四「北斗もをざすうし三つの空物すごく前栽(せんざい)のゐげたに猛火燃へあがり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たつ【建】
〘名〙 暦でいう十二直(じゅうにちょく)の一つ。この日は万事に大吉で適するが、土を動かしたり船に乗ることは凶で適さないという。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「輿入(こしいれ)の吉日としては、なる、たひら、たつ、さだんの四日を選ぶなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて【建】
〘名〙
株式信用取引や商品の先物取引などで、売買契約をしたこと。売りの契約を売建(うりたて)、買いの契約を買建(かいだて)という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

建の関連情報

他サービスで検索

「建」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.