Rakuten infoseek

辞書

建立【ケンリツ】

デジタル大辞泉

けん‐りつ【建立】
[名](スル)築き上げること。打ち立てること。こんりゅう。「国家を建立する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐りゅう〔‐リフ〕【建立】
[名](スル)
寺院や堂・塔などを建てること。「寺を建立する」
心の中である物事をつくり上げること。
「兄さんは神でも仏でも…権威のあるものを―するのが嫌いなのです」〈漱石行人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けんりつ【建立】
( 名 ) スル
たてること。こんりゅう。 「功績を-するにはあらず/春 藤村

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こんりゅう【建立】
( 名 ) スル
〔「こん」は呉音〕
寺院・堂塔などを建てること。 「五重の塔を-して後生を願う」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐りつ【建立】
〘名〙 建て設けること。築き設けること。
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「不泯の名声を建立せしむることを知るべきなり」 〔書経‐洪範〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐りゅう ‥リフ【建立】
〘名〙 (「こん」は「建」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
① 宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
※霊異記(810‐824)中「今磐田の郡の部内に建立せる磐田寺の塔是れなり」
② (①から転じて) ①のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
※洒落本・娼妓絹籭(1791)二「あの如意輪観音が箔しろのこんりうに出たといふ身でほうづへをして居る女郎は」
③ うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでいう。
申楽談儀(1430)序「殊に此げいとは衆人あひぎゃうを以て、一ざこんりうのじゅふくなれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建立」の用語解説はコトバンクが提供しています。

建立の関連情報

他サービスで検索

「建立」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.