Rakuten infoseek

辞書

建徳【ケントク】

デジタル大辞泉

けんとく【建徳】
北朝時代、南朝長慶天皇の時の年号。1370年7月24日~1372年4月。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けんとく【建徳】
南朝の年号(1370.7.24~1372.4.?)。正平の後、文中の前。長慶天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

けんとく【建徳】
日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1370年から1372年まで、長慶(ちょうけい)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は正平(しょうへい)。次元号は文中(ぶんちゅう)。江戸時代後期の歴史書『続史愚抄(ぞくしぐしょう)』によれば、1370年(正平25)7月24日改元。それ以前の改元の可能性もあり、長慶天皇の即位にともなう代始改元とも考えられるが、改元の理由は不詳。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。建徳年間の北朝の天皇は後光厳(ごこうごん)天皇、後円融(ごえんゆう)天皇。北朝が使用した元号は応安(おうあん)(1368~1375年)。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。この時期の南朝は、重鎮の北畠親房(ちかふさ)らを失って勢力を著しく後退させており、室町幕府・北朝方の攻勢が続いていた。また、南朝関連の現存史料が少ないこともあり、長慶天皇の在位・非在位が大正時代まで論議されるほどであった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

建徳
けんとく / チエントー
中国、浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)市の南西部にある県級市。銭塘江(せんとうこう)とその支流である新安江(しんあんこう)が市内で合流する。人口50万8673(2015)。杭州市が管轄代行する。三国の呉のとき建徳県を置き、唐代には睦州(ぼくしゅう)、宋(そう)代には建徳府、元代には建徳路、明(みん)・清(しん)代には厳州(げんしゅう)府の治所となった。1992年市制施行。市政府所在地は新安街道。かつて県政府は長らく厳州に置かれていた。上流部は有名な茶の産地であり、山地にはマツ、スギなど用材が豊富で薬草の自生も多い。建設中の杭黄高速鉄道(杭州―黄山(こうざん))が市内を通る予定。[林 和生・編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けんとく【建徳】
南北朝時代、南朝の長慶天皇の代の年号。北朝の応安三年から同五年にあたる。正平二五年(一三七〇)七月二四日改元。建徳三年(一三七二)四月、文中と改元。出典は「文選」の「建至徳以創洪業」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

建徳の関連情報

他サービスで検索

「建徳」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.