Rakuten infoseek

辞書

延言【エンゲン】

デジタル大辞泉

えん‐げん【延言】
江戸時代の国学者用語。もと1音であった一部びて2音ないしそれ以上となったとされるもの。「語らふ(←語る)」「老いらく(←老ゆ)」などの延音(えんおん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えんげん【延言】
江戸時代の国学者の用語。「語らふ」「住まふ」「言はく」などは、「語る」「住む」「言ふ」の語尾が延ばされたものとする。現在では、接尾語・助動詞などが付いたものとする。延音。のべごと。舒言。 ⇔ 約言

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐げん【延言】
〘名〙 江戸時代の国学者が用いた国語学上の用語。「語らふ」「聞かく」「取らす」などが、それぞれ「語る」「聞く」「取る」の語尾の一音を引きのばしたものとし、その現象を「約言」に対して呼んだ。「語らふ」などをハ行延言、「聞かく」などをカ行延言という。賀茂真淵(かものまぶち)が「語意考」に「延言(のべごと)」として取り上げて以来、「延言」「延音」などの名で、語釈、語源説明などによく用いられたが、現在ふつうには、接尾語や助詞・助動詞の接続したものと説明される。延音(えんおん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.