Rakuten infoseek

辞書

延暦交替式【えんりゃくこうたいしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

延暦交替式
えんりゃくこうたいしき
正しくは『撰定交替式』。延暦 22 (803) 年2月,地方官 (国司) の交代の際における事務引継ぎの手続や責任の所在などを規定した法令。1巻。菅野真道ほか編。大津市の石山寺に平安時代初期の写本がある。貞観9 (867) 年の『貞観交替式』および延喜 21 (921) 年の『延喜交替式』とともに,律令制度下の官吏の交代を規定した法令としては貴重な史料

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

延暦交替式
えんりゃくこうたいしき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延暦交替式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延暦交替式の関連情報

関連キーワード

ハールーン・アッラシードハールーン・アッラシードデバイ楽山大仏歴史資料ネットワーク杜牧揖斐川[町]蝦夷地蒲生野旧記雑録

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.