Rakuten infoseek

辞書

延岡市【のべおか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

延岡〔市〕
のべおか
宮崎県北部,日向灘に面する市。北で大分県に接する。1933年市制。1936年東海村,伊形村の 2村,1955年南方村,南浦村の 2村,2006年北方町,北浦町の 2町,2007年北川町をそれぞれ編入。市内には五ヶ瀬川,祝子川 (ほうりがわ) ,北川が貫流し,水の豊かな地域として知られる。中心市街地の延岡は五ヶ瀬川の三角州に広がる。6世紀半ばに土持氏の荘園,県荘 (あがたのしょう) として開かれた。天正15 (1587) 年の豊臣秀吉による九州統一後は,高橋氏,有馬氏,三浦氏,牧野氏,内藤氏と,めまぐるしい藩主交代のもと城下町として栄え,明治を迎えた。1923年の日豊本線開通により,県北部の物資集散地となり,日本窒素肥料の硫酸アンモニウム工場が建設されて以来,豊富な水源を利用して工業都市として発展を遂げ,薬品,食品,化学,繊維などの産業が進出した。1964年には日向市とともに新産業都市に指定され,東九州の工業の一中心地を形成。市街地周辺の農村部では温暖多雨の気象条件を利用して近代的な農業が営まれている。西部の山間地帯ではシイタケ,カキ,クリなどを栽培。漁業も盛んで,土々呂 (ととろ) や島野浦島,北浦の漁港では,イワシ,アジ,サバ漁のほかハマチの養殖などが行なわれる。なかでも北浦のイワシ漁獲高は県有数。市街地付近には国指定史跡の南方古墳群が点在する。西端にある比叡山は国指定の名勝。高島のビロウ自生地,古江のキンモクセイ,祝子川モウソウキンメイ竹林は国の天然記念物に指定。北東部のリアス海岸をなす南北浦海岸日豊海岸国定公園に,中部の行縢山,西部の大崩山,鉾岳などは祖母傾国定公園に属する。JR日豊本線,国道10号線,218号線,326号線,388号線が通る。面積 868.02km2。人口 12万5159(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のべおか‐し〔のべをか‐〕【延岡市】
延岡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延岡市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延岡市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.