Rakuten infoseek

辞書

延喜・天暦の治【えんぎてんりゃくのち】

世界大百科事典 第2版

えんぎてんりゃくのち【延喜・天暦の治】
平安中期の醍醐天皇(在位897‐930),村上天皇(在位946‐967)の世を後世に理想化したたえたもので,ともに治世の代表的年号を冠した呼称の太宗の〈貞観の治〉,玄宗の〈開元の治〉などにならったものであろう。天皇親政下に儒教的政治理念にかなった正しい政治が行われ,文運隆盛の聖代であったとされる。〈延喜の治〉は,〈寛平の治〉と称される宇多天皇の治世をうけ,荘園整理など地方行政への施策や,延喜格式儀式国史(《日本三代実録》)の編修,銭貨改鋳(延喜通宝)など実質的には解体しつつある律令政府の健在を誇示する事業が行われ,努力は認められるが,その実績には限界があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

延喜・天暦の治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延喜・天暦の治の関連情報

関連キーワード

ステファヌス6世(7世)テオドルス2世ロマヌス大江千里醍醐天皇宇多天皇フォルモスス宇多天皇醍醐天皇日本三代実録

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.