Rakuten infoseek

辞書

延喜格式【えんぎきゃくしき】

世界大百科事典 第2版

えんぎきゃくしき【延喜格式】
養老律令に対する補充法典として編纂された三代格式の一つ。905年(延喜5)編纂開始。格12巻は907年に撰進され,908年に施行されたが,式50巻は編纂に手間どり,927年(延長5)にいったん完成奏上,その後も修訂事業が続けられ,967年(康保4)に至ってようやく施行された。《延喜格》は先行の《弘仁格》《貞観格》の両格と併用することを前提として,869年(貞観11)から907年に至る間の,勅,太政官符などを官司別に編纂し,これに雑格と臨時格とを付加している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

延喜格式
えんぎきゃくしき
平安中期の法令集。三代格式の一つ
醍醐 (だいご) 天皇により編集に着手。延喜格は藤原時平らの編集により907年完成。869〜907年の重要法令を集録した。10巻。延喜式は藤原忠平らの編集により927年完成。967年施行。さきに編集された弘仁・貞観両式を集成し,それ以外の式を追加したもの。のちの貴族政治のよりどころとなった。50巻。律令制度についての重要史料。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延喜格式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延喜格式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.