Rakuten infoseek

辞書

延喜・天暦の治【えんぎ・てんりゃくのち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

延喜・天暦の治
えんぎ・てんりゃくのち
正暦4 (993) 年,大江匡衡 (まさひら) が,一条天皇に奉った奏状のなかで,醍醐天皇延喜 (901~922) と村上天皇天暦 (947~956) の時代を賛美したので,以後この時期を,公家政治の黄金時代として,このように呼んだ。この時期には,摂関政治中断して天皇親政となり,荘園新設の禁止,班田制 (→班田収授法 ) の励行,諸法令の体系化などが行われ,『日本三代実録』が撰進され,また『古今和歌集』『後撰和歌集』などの勅撰集が撰上されるなど,政治,文化の両面活気がみられた。一方,この間に承平・天慶の乱起り,衰退する律令制をわずかに維持した時代でもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

延喜・天暦の治
えんぎてんりゃくのち
醍醐(だいご)、村上(むらかみ)両天皇の治世を聖代として賛美した呼称。延喜(901~923)は醍醐朝の、天暦(947~957)は村上朝の代表的年号で、両朝ともほぼ摂政(せっしょう)、関白(かんぱく)を置かず、天皇親政の形をとった。すでに清和(せいわ)天皇の治世(858~876)をたたえて「貞観(じょうがん)之政」と称した記述が『三代実録』にみえるが、村上天皇の没後数年にして早くも「延喜聖代」あるいは「延喜天暦二朝之故事」を追慕する文言がみえ、宮中清涼殿(せいりょうでん)には両天皇の日記を二代御記と称して常備し、政務、故実の鑑(かがみ)とした。初めは両朝の文化的事績を高く評価する学者、文人の言説からしだいに一般廷臣の間に広まり、さらに摂関勢力の衰退に伴い、両朝を皇室と藤原氏の蜜月(みつげつ)時代と懐古賛仰する風潮も現れた。その後、武家政権を倒し、摂関政治も院政も否定した後醍醐(ごだいご)天皇(在位1318~39)は、延喜・天暦の治世を天皇親政の理想像として高く掲げ、後醍醐および次代後村上の追号を生む原因にもなった。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

延喜・天暦の治
えんぎ・てんりゃくのち
平安中期,醍醐 (だいご) ・村上両天皇の治世
延喜・天暦はその年号。この時代は班田の励行,荘園の新立禁止,格式・国史・勅撰和歌集編纂貨幣の鋳造などが行われ,のちに聖代として天皇親政の政治の模範とされた。しかし実際は公地公民制を基盤とする古代国家の崩壊期にあり,国家体制の転換を迫られた時代であった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延喜・天暦の治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延喜・天暦の治の関連情報

関連キーワード

園城寺清少納言米山奥州[市]山門派・寺門派支笏洞爺国立公園寺門清少納言東京ディズニーランドナコーンラーチャシーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.