Rakuten infoseek

辞書

延久【エンキュウ】

デジタル大辞泉

えんきゅう〔エンキウ〕【延久】
平安中期、後三条天皇白河天皇の時の年号。1069年4月13日~1074年8月23日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えんきゅう【延久】
年号(1069.4.13~1074.8.23)。治暦の後、承保の前。後三条・白河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

えんきゅう【延久】
日本の元号(年号)。平安時代の1069年から1074年まで、後三条(ごさんじょう)天皇、白河(しらかわ)天皇の代の元号。前元号は治暦(ちりゃく)。次元号は承保(しょうほう)。1069年(治暦5年)4月13日改元。後三条天皇の即位にともない行われた。『書経(しょきょう)』または『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。1069年(延久1)、違法な荘園を取り締まる「延久の荘園整理令」が発布された。150年前の醍醐(だいご)天皇の治世から、新天皇が即位するたびに限定的な荘園整理令が出されてきたものの、延久の荘園整理令は全国の荘園を対象にした初の取り組みとなった。また同年、太政官に記録荘園券契所が設置された。1072年(延久4)、後三条天皇は「斗枡(としょう)法」を制定し、年貢などを測る基準となる公定の枡(ます)を定めた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんきゅう エンキウ【延久】
平安時代、後三条、白河両天皇の代の年号。後三条天皇即位により、翌年の治暦五年(一〇六九)四月一三日改元。延久六年(一〇七四)八月二三日に至り次の承保に代わる。出典は「尚書‐注」の「我以道惟安寧王之徳、謀欲延久」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

延久の関連情報

他サービスで検索

「延久」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.