Rakuten infoseek

辞書

【ヨウ】

デジタル大辞泉

よう【庸】
平凡なこと。すぐれたところがないこと。凡庸。
「才と―との別もまたはなはだしであるが」〈蘆花思出の記
律令制における租税の一。養老令の規定では、正丁(せいてい)一人1年間に10日間の労役を提供するかわりに2丈6尺を納める人頭税であった。布のほか、米や塩など地方の産物をあてることもあった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう【庸】[漢字項目]
常用漢字] [音]ヨウ(漢)
人をやとい用いる。「登庸(とうよう)
並みである。かわりばえがしない。かわらない。普通。「庸愚庸君中庸凡庸
昔の課税の一。労役の代わりに布などを納めるもの。「調庸租庸調
[名のり]いさお・つね・のぶ・のり・もち・もちう・やす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

 律令[りつりょう]時代の税の1つで、布を2尺[しゃく]6寸[すん](約78cm)ほど納めなければいけませんでした。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よう【庸】

[中国]
 中世の税目で徭役の代償となる布帛をいう。隋・唐の〈賦役令〉の規定は丁男の正役を年間20日,閏年には22日とするが,首都近傍の一部を除き,大部分の丁は役に徴発されることなく,1日当り絹3尺(あるいは麻布3尺7寸5分)の割で絹6丈(または麻布7丈5尺)を納め,これを庸とした。庸は調と一括徴収されたので,多く庸調と連称され,貨幣流通がなお限られ高額取引に多く絹が使われた当代では,諸税の中心的存在であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よう【庸】
律令制の租税の一。年10日の歳役さいえきの代納物(布が主、米・塩・綿など)。養老令では、正丁で布二丈六尺と規定。調とともに農民による運脚うんきやくが義務。中央では、仕丁・衛士などの食糧(大粮)や土木事業の経費などに使用。ちからしろ。
平凡であること。凡庸。 才と-との別も亦甚矣はなはだしであるが/思出の記 蘆花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


よう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう【庸】
〘名〙
① 令制で、正丁(せいてい)に課せられた労役の代わりに国に納入する物品。養老令では正丁が一年に一〇日間の労役に服する代わりに布二丈六尺を納めると規定している。慶雲三年(七〇六)の格によって庸は半減されて一丈三尺となった。老丁(ろうてい)はその二分の一、中男は四分の一を負担する。養老元年(七一七)にまた改めて正丁一人分を布一丈四尺とした。地方によっては布以外の代物を納めることもあった。ちからしろ。
※令義解(718)賦役「正歳役十日。若須庸者。布二丈六尺」
② 平凡であること。すぐれたところがないこと。また、そのもの。凡庸。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「と庸との別も亦甚矣であるが」 〔荘子‐徳充符〕
③ 仕事。また、苦労。辛苦。
※詩学逢原(1763)序「然れば則ち此の挙も亦庸何ぞ傷はんと」 〔詩経‐王風・兔爰〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


よう
租庸調

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


よう
律令制下,公民に課された負担の一つ
歳役10日にかえて布を納めた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

庸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.