Rakuten infoseek

辞書

庭訓【テイキン】

デジタル大辞泉

てい‐きん【庭訓】
孔子が庭で、子の鯉(り)に対して、詩経礼記を学ばなければならないことを教えたという「論語」季氏の故事から》家庭教育。家庭での教訓。ていくん。
庭訓往来」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていきん【庭訓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ていきん【庭訓】
〔孔子が、自分の子が庭を走り抜けるのを呼びとめて詩や礼を学ばなければいけないとさとしたという「論語季氏」の故事から〕
家庭で子に親が教えること。親が子に教える教訓。にわのおしえ。 「父大いに諫めて、…と-を残しければ/太平記 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

庭訓
ていきん
家庭での教育、親が子供に与える教訓。中国古代の聖人孔子の子伯魚が、孔子の弟子陳亢(ちんこう)に、「孔子が、庭を走り過ぎる伯魚に、詩を学ばなければりっぱにものがいえないと諭し、礼を勉強しなければりっぱな人間として世の中にたてないと教えた」と語ったところ、陳亢は「詩と礼のたいせつなことを会得し、君子たるものは、わが子の教育にある距離を置き、自主的に学ばさせるものだ」と知って、大いに喜んだと伝える『論語』「季子」の故事による。[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐きん【庭訓】
[1] 〘名〙 (孔子が、庭を走る子を呼びとめて詩と礼を学ぶべきことを教えたという「論語‐季氏」の故事から) 家庭内で子に教育すること。有識者が作法を教え指導すること。また、親が子に与える教訓。にわのおしえ。ていくん。
※明衡往来(11C中か)上末「何况此等少事乎。朝夕欲庭訓。小生言詩之輩両三人相随可参候
※風姿花伝(1400‐02頃)三「全他人の才学におよぼさんとにはあらず。ただ子孫の庭訓をのこすのみなり」 〔晉書‐孫盛伝〕
※俳諧・犬子集(1633)七「源左衛門も月も世に出る 庭訓を夜読ならふ花の春〈貞徳〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐くん【庭訓】
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉政界叢話「学生此庭訓(テイクン)を奉じ先づ閑室に退いて常に書を朗読し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

庭訓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

庭訓の関連情報

他サービスで検索

「庭訓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.