Rakuten infoseek

辞書

【フ】

デジタル大辞泉

ふ【府】
地方公共団体の一。現在は大阪京都の2府がある。→都道府県
国の行政機関の一。「内閣
物事の中心となる所。「学問の」「行政の
くら。特に宮廷の文書・財貨を入れておく所。
役人が事務をとる所。役所。
江戸時代、幕府所在地であった江戸をさしていう。
中国の行政区画の一。代から代まで、一般に県の上に置かれた。長官は唐では府尹(ふいん)以降は知府

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ【府】[漢字項目]
[音](呉)(漢)
学習漢字]4年
書類や財宝をしまっておく庫。「府庫御府(ぎょふ)秘府
役人が集まって仕事をする所。役所。「楽府(がふ)・衙府(がふ)・開府官府国府政府幕府総理府
みやこ。「参府首府出府城府水府都府
物事の多く集まる所。「怨府(えんぷ)学府
地方公共団体の一。「府警府県府立府知事

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふ【府 fǔ】
中国,唐以後の行政区画名。物の集まる蔵の原義から転じ,〈みやこ〉の意をもつ。唐の開元1年(713),国都長安(雍州ようしゆう))と副都洛陽(洛州)をそれぞれ京兆(けいちよう)府,河南府としたのが最初である。唐代には王室と関係したを府に改め,10を数えた。宋は北宋末には34に増え,南宋にいたってさらに増加した。元代にはの下の行政区画に変わったが,明代,路に代わる中間行政区となり,主要地域はすべて府と称し,200余に達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふ【府】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふ【府】
都・道・県と並ぶ地方公共団体の一。大阪・京都の二府。 → 都道府県府県制
廃藩置県時に東京・大阪・京都それぞれに付された行政名。
物事の集まり行われる所。 「学問の-」
役人が事務を執る所。近衛府・大宰府など。役所。
中国の行政区画の一。唐から清まで置かれ、一般に県より上位にあった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


市町村を包括する広域の自治体で、都道県と同格である普通地方公共団体。1868年(慶応4)の政体書で、府・藩・県の地方行政区画を定め、徳川幕府の直轄地のうち、東京・京都・大阪を府、その他を県と、初めて府県の名称を付したが、両者の間に制度上の区別は設けなかった。1943年(昭和18)の東京都制制定後、京都・大阪の二府になった。[高木鉦作]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ【府】
〘名〙
① くら。倉庫。特に、朝廷の文書・財物などを納めておく所。
※古事記(712)序「烽(とぶひ)を列ね訳を重ぬる貢、府(ふ)(〈別訓〉くら)に空しき月無し」 〔国語‐周語中〕
役人が事務をとる所。役所。つかさ。「近衛府」「国府」「大宰府」「鎮守府」など。
※続日本紀‐養老六年(722)四月丙戌「大宰管内大隅・薩摩〈略〉等司、有闕、選府官人、擁補之」 〔周礼‐天官・大宰〕
江戸時代、幕府のあった江戸をさしていう。「在府」「出府」など。
④ 人や事物の多く集まるところ。物事の中心。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「天下の学問の府」 〔漢書‐司馬遷伝〕
⑤ 国の行政機関の一つ。昭和二四年(一九四九)から平成一三年(二〇〇一)までの総理府、昭和二四年から同二七年までの法務府などがあり、省と法律上の差異はなかったが、現在の内閣府は各省の上に置かれる。
※国家行政組織法(1948)三条「行政組織のため置かれる国の行政機関は、府、省、委員会及び庁とし」
⑥ 都・道・県と並ぶ普通地方公共団体の一つ。現在は京都、大阪の二府があるが、昭和一八年(一九四三)東京都が成立するまでは、東京を含めて三府であった。
※団団珍聞‐五二五号(1886)「太政官達第六十九号を以て〈略〉内閣を組織する旨官省院庁府県へ達せらる」
⑦ 中国の行政区画。唐以降清まで設けられた。地方行政の一単位で、州・県を統轄する。長官は唐では府尹、宋以後は知府。〔新唐書‐地理志・一〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

府の関連情報

他サービスで検索

「府」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.