Rakuten infoseek

辞書

底面【テイメン】

デジタル大辞泉

てい‐めん【底面】
底部の面。
数学で、錐体頂点に対する柱体では平行する上下の面。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

底面
石炭や他の岩石などの薄層の下部の岩石,またはソールマーク(sole marking)としての地層の底面.押し被せ断層の底を形作る水平に近い大断層面をいう[渡辺編 : 1935].ソールマークとは地層特に砂岩層の底面に印された堆積構造の総称で,実際には下に重なる泥岩層の表面に刻まれた模様が上に重なる砂岩層の底面に鋳型として保存されているものをいう[木村ほか : 1970].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていめん【底面】
底の面。
角柱・円柱・角錐台・円錐台などでは平行な二面。角錐・円錐などでは頂点に対する面。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐めん【底面】
〘名〙
① 底の面。そこ。〔医語類聚(1872)〕
硝酸銀(1966)〈藤枝静男〉一「糸はその荒れた底面に姿をあらわして」
② 数学で、柱体の母線と交わる互いに平行な二面。
③ 数学で、錐体の母線と交わる面。底。
④ 結晶の前後軸と左右軸とに平行な結晶面

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

底面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

底面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.