Rakuten infoseek

辞書

床柱【トコバシラ】

デジタル大辞泉

とこ‐ばしら【床柱】
床の間に立つ化粧面取り角柱正式とするが、面皮柱(めんかわばしら)円柱も使い、紫檀黒檀鉄刀木(たがやさん)などの唐木、または皮付きの自然木などを用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とこばしら【床柱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とこばしら【床柱】
床の間と床脇棚の境にある化粧柱。正式なものは角柱であるが、数寄屋風書院では、磨き丸太・面皮柱・唐木なども用いられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

とこばしら【床柱】
床の間の脇(わき)に立つ化粧柱。特に、床の間違い棚の間にあるもの。正式には3面に柾目(まさめ)が現れた三方柾(まさ)(または四方柾)の角柱を用いる。略式には円材、皮付きの自然木なども用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

床柱
とこばしら
床の間と違い棚の間、あるいは床の間が張り出しているときその出隅に立つ柱。正式の書院造ではほかの柱と同寸のヒノキの柱であるが、とくに柾目(まさめ)を選んで用いる。数寄屋(すきや)風の書院や茶室では丸太などを用いる。[平井 聖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とこ‐ばしら【床柱】
〘名〙 家屋の床の間のわきの柱。初めは両側の柱をいったが、後には違棚との間の柱を特に重んじ、これをさすようになった。銘木を用いることが多い。
※細川三斎御伝受書(1645頃か)「床柱の松と栗は、何を左右に立ててもさし合なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

床柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

床柱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.