Rakuten infoseek

辞書

床の間【とこのま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

床の間
とこのま
単に床ともいう。日本建築の座敷正面に設備され,美術品などを飾る重要な場所。基本形は畳より框 (かまち) の高さだけ1段高くして畳を敷き上部に落掛 (おとしがけ) を造って壁龕 (へきがん) 状にし,正面の壁に書画を掛け床畳の上に置物,花瓶などを置く。室町時代から武家の屋敷に取入れられた。初め壁面に仏画などを掛け,前に三具足を置いて礼拝していた風習が固定化し,のち押板という厚い板を座敷正面の壁ぎわに設け,さらには壁を奥へ引込めて作りつけるようになった。特に茶室では,さまざまな形式,手法が工夫され,床の間の発達に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とこ‐の‐ま【床の間】
日本建築で、座敷の床を一段高くし、掛け軸・置物・花などを飾る所。中世書院造りの発達とともに形成され、近世以後の重要な座敷飾りとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

床の間
一般的には床柱、床框(とこがまち)、床板(または床畳)、落し掛け(おとしがけ)などから構成される。形態としては、本床(ほんどこ)、蹴込み床、踏込み床、琵琶床、袋床洞床(ほらどこ)、室床(むろどこ)、織部床、釣り床、置床などがある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とこのま【床の間】
近世以後の日本の住宅において,軸装の書画を飾る場所として作られた装置。(とこ)ともいう。幅約2mから4m,奥行約60cmの細長い空間で,下方に柱幅程度の横木(床框(とこがまち))を入れ,床(ゆか)を一段高くし,前面上部には内法長押(うちのりなげし)より少し高い位置に落掛(おとしがけ)と呼ばれる横木を渡す。奥壁の上部の天井廻縁(てんじようまわりぶち)に折釘(おれくぎ)を打ち,1幅から4,5幅が対になった軸装の書画を掛けられるようにする。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

とこのま【床の間】
座敷の正面上座に一段高く構え、掛軸・置物・花などを飾る場所。室町時代の押板おしいたと上段を原形として生まれた。ゆかの仕上げにより畳床と板床があり、また形式としては本床・蹴込み床・踏み込み床・洞床ほらどこ・袋床・釣り床・織部床・置床などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

とこのま【床の間】
書画をかけたり、置物などを飾ったりするため、和室の床を一段高くしたところ。室町時代以降、僧房などで香炉や花瓶を飾った押し板が起源とされる。近世以降、床の間の存在が格式的な意味をもつようになり、本床(ほんどこ)と呼ばれる形式が成立。一方、それ以外にも自由な発想による多様な形式の床の間が、茶室や数寄屋造り客間に作られるようになった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

床の間
とこのま
座敷の壁面に設けられた絵画やいけ花を観賞するための場所で、床(ゆか)を一段高くし、正面の壁に掛軸を掛け、床の上に花瓶・置物などを飾る。
 歴史的には、壁に仏画を掛け前に低い卓を置いて、その上に香炉・花瓶・燭台(しょくだい)から構成された三具足(みつぐそく)あるいは五具足(ごぐそく)(1個の香炉、1対の花瓶、1対の燭台)を並べたのが初めで、のちに、宋(そう)・元(げん)画を観賞する形式となり、その場所が固定化して造り付けになったときに、凹所として壁から部屋の外へ張り出す形式ができた。この形式の床の間は、押板(おしいた)あるいは押板床(どこ)とよばれている。押板床は初期の書院造の座敷や格式の高い正規の書院造の座敷に用いられ、奥行が1~2尺ほどで床(ゆか)板に厚いケヤキの一枚板を用い、落掛(おとしがけ)や床柱(とこばしら)をヒノキの柾目(まさめ)材とし、周囲の張付壁には障壁画を描くのが普通である。
 室町時代の上層階級の住宅では、座ったり寝るための場所として居室の隅の床(ゆか)を1~3畳分ほど一段高くして、床(とこ)とよんでいた。このような場所には押板床が設けられることが多かった。そのようなところでは、押板床の上だけでなく畳敷きの床(ゆか)の上にも飾ることがあり、また、床(とこ)のある座敷をしだいに縮小して四畳半以下の狭い茶室がつくられていく過程で床(とこ)と押板床が一体化されることもあって、押板床と同様に掛軸を飾り花をいける畳敷きの床の間ができあがったと考えられる。成立の経過から、畳敷きの床の間の奥行は畳の幅である半間(げん)が普通で、部屋の中へ張り出してつくられることが多かった。
 室町時代の押板床は、その前に主人と客が床の間を側面にして相対して座り、床の間の飾りを観賞する例が記録に現れるが、近世になると武家住宅では主人が床の間を背にして座るようになって、床の間の意味が変わってくる。床の間は成立の過程では単独であったが、座敷の装飾として同じころ成立した違い棚・付書院(つけしょいん)・帳台構(ちょうだいがまえ)と組み合わされて座敷飾りを形成した。床の間は座敷飾りの中心的な要素で、そのわきに違い棚が配置され、1600年(慶長5)ころには付書院・帳台構の位置にも標準的な形式ができあがった。それ以後、数寄屋(すきや)風の書院が広まるにつれて座敷飾りはいくつかの要素を省略して使うことが多くなるが、いずれの場合にも床の間はもっとも基本的な要素として中心的につくられるのが普通である。
 床の間は、書院造では押板床が普通であるが、数寄屋風の書院が広まるとともに床柱には丸太をはじめさまざまな姿のおもしろい柱が使われるようになる。床の間の上の天井から下がる小壁(こかべ)の下端を留める落掛も、正規の書院造では柾目のヒノキが使われていたが、数寄屋風の書院では自然の丸太や木目(もくめ)や色の変わった材が喜ばれるようになった。畳敷きの床の間では畳の前縁に床框(とこがまち)を用いるが、正規の書院造では通常黒く漆を塗った塗り框としている。数寄屋風の書院では床框にも変わった材を用いるなど意匠に凝るのが普通である。床の間の周囲の壁は、床の間が設けられている座敷の壁にあわせて張付壁または土壁とするが、通常、押板床は張付壁、数寄屋風書院の床の間は土壁とする。
 数寄屋風の書院が広まると、床の間にはいろいろな変形ができた。一段上がった畳敷きも板も設けず、下がり壁と天井から下がり短く切られた床柱だけの釣り床や、壁の上部に板を入れただけの織部床(おりべどこ)はその代表例である。
 床の間の造りは押板床のように形式化されたものでも、大工家ごとに落掛や床の板の寸法・位置などに木割があった。数寄屋風の書院に使われる床の間はさまざまであるが、雛形(ひながた)本にいくつかの形式が示されている。[平井 聖]
『太田博太郎著『床の間』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

床の間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

床の間の関連情報

他サービスで検索

「床の間」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.