Rakuten infoseek

辞書

【ヒ】

デジタル大辞泉

ひ【庇】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ヒ(呉)(漢) [訓]かばう ひさし
上からおおうようにして守る。かばう。「庇蔭(ひいん)庇護高庇
ひさし。「雪庇(せっぴ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐さし【×庇/×廂】
建物の窓・出入り口・縁側などの上部に張り出す片流れの小屋根(のき)。
帽子の、額の上に突き出た部分。つば。
庇髪(ひさしがみ)」の
寝殿造りで、母屋(もや)外側に張り出して付加された部分。周囲妻戸などをたて、外にを巡らす。庇の間(ま)。入り側(がわ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

開口部の上に取り付けられる雨よけ用の小型の屋根のこと。日本建築では、主にモルタル等の近代的な壁仕上げの家によく見られる、ろく庇と、日本の伝統工法に多く用いられ、意匠的に造られることも多い腕木庇がある。また、近年では、アルミやステンレス製で出来た、簡単に取付ける事の出来る金属製のものもある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ひさし【庇/廂】
玄関など建物出入り口の上部に部分的に設けた小屋根。雨や日差しを防ぎ、壁面開口部を守る。
寝殿造りなどで「母屋(もや)」と呼ばれる建物の中心部分の外側に張り出した部分。その外側にさらに「孫庇」「又庇」「広庇」などと呼ばれるものを巡らせることもある。庇のは母屋と同じ高さになっているが、その外周は一段低くなっていた。「孫庇」「又庇」は外側に建具を備え、部屋としてしつらえるが、「広庇」は普通、吹き放ちとした。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ひさし
ときに廂の字をあてる。二義あり、(1)は寝殿造などにおいて身舎(しんしゃ)(本屋)の周辺に張り出した建築空間をいい、(2)は建築物において出入口、窓などの上に日差しや雨水を遮るために部分的に設けられた突出物をいう。(1)古代住居はおしなべて単室(これが身舎にあたる)であるが、日本のように架構式木造建築方式をとるところでは、その平面を拡大しようとしても梁(りょう)間の関係からおのずから限度があり、身舎の周辺に一段低く縁側状の床を設けてその目的を達しようとした。そのような古い例は奈良時代の藤原豊成(とよなり)邸ですでにみられる。その床の周囲を吹放しとせず蔀(しとみ)や妻戸を建て込んだ空間が寝殿造などでいう庇である。そして、さらに広い空間を必要とするときは庇を二重に張り出すこととし、その部分を孫庇(まごびさし)、又庇(またびさし)などとよぶ。庇の周囲にはさらに濡縁(ぬれえん)を巡らし、高欄(こうらん)を取り付けるのが普通である。庇は身舎の一方だけに設けることもあれば二方向以上に設けることもあり、それぞれの方向によって南庇、北庇などといい、身舎をも含め南側空間は公式行事の場、北側は私生活の場というような機能分化も行われるようになる。京都御所紫宸殿(ししんでん)は江戸末期の復原ではあるが、このような寝殿造のもっとも完成した形を示している。(2)庇の屋根は身舎の屋根の延長ではなく、それよりも一段低く勾配(こうばい)も緩くして張り出されるのが本来の形で、これは一般建築における開口上部の突出物と同じ扱いであるから、その点で第二の意味と語義が共通する。一般建築にいう庇の構造は雨水に対する配慮から屋根と同じ扱いになるが、日照調整のためには夏至(げし)および冬至の太陽高度(東京付近では正午真南に対し73度および30度近辺)を基本として庇の深さや勾配を決めるとよい。なお窓上に設ける、とくに小さい庇を霧庇(きりびさし)とよぶことがある。これらの庇は躯体(くたい)(柱や壁体)から水平に突出した腕木で支えるのが普通である。したがって腕木は根本では固定されるが先端では持ち放しとなり、庇に重い積雪があった場合などには垂れ下がるおそれがあるので構造上の注意を要する。
 帽子の額上に差し出した部分をも「ひさし」とよぶが、その効用も一般建築における庇と似ている。[山田幸一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かばい かばひ【庇】
〘名〙 (動詞「かばう(庇)」の連用形の名詞化) かばうこと。いたわり守ること。また、倹約すること。
※洒落本・やまあらし(1808)一「こいつがあるとわたし舟と仮橋で二文かばいができるし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かば・う かばふ【庇】
〘他ワ五(ハ四)〙
① 他から害を受けそうなもの、また、他から悪く思われそうなものを、そうならないように守ってやる。いたわり守る。
※平家(13C前)八「各々は誰(たれ)をかばはんとて、軍をばし給ふぞ」
② 大事にしまっておく。外から隠して大事にする。〔俚言集覧(1797頃)〕
※和英語林集成(初版)(1867)「ダイコンヲ ツチニ kabatte(カバッテ) オク」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

庇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.