Rakuten infoseek

辞書

広田【ひろた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

広田
ひろた
愛媛県中部,砥部町南部の旧村域。四国山地の北西部にある。 2005年砥部町と合体林業のほかタバコ,クリを産する。特産砥部焼原料である陶石権現山山岳信仰の地。白糸,長曾池などの景勝地がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひろた【広田】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

広田
ひろた
愛媛県中部、伊予郡にあった旧村名(広田村(むら))。現在は砥部町(とべちょう)の南部を占める一地域。2005年(平成17)砥部町と合併。旧村域は、四国山地に位置する肱(ひじ)川上流田渡(たど)川流域の純山村で、国道379号が通じる。近世は大洲(おおず)、新谷(にいや)両藩の分割統治を受けてきた。面積の90%が林地で、スギ、ヒノキの生産のほか、ブドウやクリの栽培が盛んである。上尾峠(うえびとうげ)一帯では砥部焼の原料となる陶石採掘が行われ、瀬戸、多治見(たじみ)などへも出荷されている。[横山昭市]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.