Rakuten infoseek

辞書

広島城跡【ひろしまじょうあと】

国指定史跡ガイド

ひろしまじょうあと【広島城跡】

広島県広島市中区基町にある城跡。別名、鯉城(りじょう)。戦国時代に中国9ヵ国を平定した毛利氏が太田川河口に築城した平城である。築城は1589年(天正17)に始まり、1593年(文禄2)にはほぼ完成したとされる。1591年(天正19)に郡山城から毛利輝元(てるもと)が入城し広島城と称したが、関ヶ原の戦い後に毛利氏は転封となった。代わって入城した福島正則(まさのり)は城郭整備に熱心であったが、これが武家諸法度(ぶけしょはっと)に触れたという口実で改易され、その後、浅野長晟(ながあきら)が入封し、以後浅野氏の居城として城下町が整えられた。本丸は南北にやや長い長方形で、これを守って堀をめぐらし、大手虎口を固める堀の中に狭小な二の丸を設け、この本丸、二の丸はさらに三の丸惣構えによって囲まれている。1945年(昭和20)に原爆によって旧来の建物はすべて焼失したが、本丸を囲む石垣などが残り、1953年(昭和28)に国の史跡に指定された。1958年(昭和33)に鉄筋コンクリート造りで5層の天守閣が再建された。その後、二の丸表御門、平櫓(ひらやぐら)、多聞櫓(たもんやぐら)、太鼓櫓が復元されている。JR山陽新幹線ほか広島駅から広島電鉄「紙屋町西電停」下車、徒歩約10分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

広島城跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

広島城跡の関連情報

他サービスで検索

「広島城跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.