Rakuten infoseek

辞書

幾山検校【いくやまけんぎょう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

幾山検校 いくやまけんぎょう
1817/18-1890 幕末-明治時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
文化14/文政元年生まれ。江戸出身で京都で活躍。鶴岡検校門下といわれ,弘化(こうか)元年検校となる。京風手事物(てごともの)の末期を代表する作曲家。明治15年京都盲唖院音楽科発足時の顧問。名は冨栄一。4年以降は幾山栄福。明治23年10月18日死去。73/74歳。作品に「萩(はぎ)の露」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いくやまけんぎょう【幾山検校】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

新撰 芸能人物事典 明治~平成

幾山検校
イクヤマケンギョウ

職業
地歌筝曲家

別名
都名=冨栄一,栄福

生年月日
文政1年

経歴
弘化1(1844)年検校登官。明治15年京都盲唖院音楽科発足時に顧問をつとめた。京風手事物作曲家として最後の検校といわれ、作品に「萩の露」「影法師」「川千鳥」などがある。

没年月日
明治23年 10月18日 (1890年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幾山検校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幾山検校の関連情報

関連キーワード

社会民主党(ドイツ)ドイツ映画関西学院大学グッズサイルおもなお雇い外国人ウェーバーモンローキンダー妙心ユング・シュティリング

他サービスで検索

「幾山検校」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.