Rakuten infoseek

辞書

幾何光学【きかこうがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幾何光学
きかこうがく
geometrical optics
光を光線とみなし,その直進性および反射屈折の法則に従って光線の経路を純粋に幾何学的に論じる分野。レンズなどが構成する光学系でつくられるのでき方や性質の研究,光学器械の設計に応用される。幾何光学で扱えるのは,光の波長 ( 10-6~10-7m 程度) に比べてはるかに大きい量だけが関係し,しかも光の干渉性が関係しない光学現象である。たとえば光学器械でも色収差分解能などは光を波とみなす波動光学的な考察も必要となる。無限に短い波長の波の光学と考えることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きか‐こうがく〔‐クワウガク〕【幾何光学】
光を光線の集合と考えて幾何学的に扱い、光の直進の原理、反射・屈折の法則などを用いて、像の結び方を研究する光学の一部門。光学器械のレンズの組み合わせなどに応用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きかこうがく【幾何光学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きかこうがく【幾何光学】
光を幾何学的な光線と考え、その進み方について研究する光学の一分野。光線は同じ媒質中では直進し、異なる媒質の境界面では反射・屈折の法則に従うことを原理とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

幾何光学
きかこうがく
geometrical optics
光を光線の集合と考え、光の進路や光学系による像のでき方を調べる光学の一部門。光線の性質として、光の直進、屈折反射の法則を用い、あとは、幾何学的な考え方で取り扱う。光には波や粒子としての性質もあるが、これらについてはいっさい考えない。そのため特別な場合には、実際との一致がよくないことがおこる。光の波長に比べて大きな寸法で現象がおこるときには一致がよい。光線が実際に進む距離にその部分の屈折率を掛けた量を光学距離(光路長)という。任意の点から光が別の点に到達するとき、光が実際に通る路(みち)についてとった光学距離は、それ以外の任意の通路についてとったものに比べると極値をとる。これをフェルマーの原理という。[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きか‐こうがく ‥クヮウガク【幾何光学】
〘名〙 光学の一分科。光は直進し、他の媒質との境界面で反射、屈折をするのでその進路を幾何学的方法で研究する学問。経験的な法則をもとにして論じられ、光学器械の設計などに応用される。光を電磁波として論じる物理光学(波動光学)に対していう。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幾何光学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幾何光学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.