Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【ユウ】

デジタル大辞泉

ゆう【幽】[漢字項目]
常用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) [訓]かすか
暗くて見えない。かすか。「幽暗幽明
奥深い。「幽遠幽艶(ゆうえん)幽玄幽邃(ゆうすい)
世間から離れてひっそりしている。「幽居幽境幽棲(ゆうせい)清幽
人を閉じ込める。「幽囚幽閉
死者の世界。「幽界幽霊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゆう【幽】
名 ・形動ナリ
奥深く静かな・こと(さま)。 -なること太古の如し/金色夜叉 紅葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かすけ・し【幽】
〘形ク〙 =かそけし(幽)
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「こはいとかすけきものなれど、家裹(いへづと)にし給へ」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉八三「沖の白波は暗(やみ)の中に幽(カス)けき光を放ち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かそ‐け・し【幽】
〘形ク〙 音や色などがかすかであるさま。ほのか。
※万葉(8C後)一九・四二九一「わが屋戸のいささ群竹吹く風の音の可蘇気伎(カソケキ)この夕(ゆふべ)かも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう イウ【幽】
〘名〙 (形動) 奥深くもの静かなこと。遠く深く、はかりしれないこと。また、そのさま。
※わらんべ草(1660)四「つやと、にほひと、ゆふと、是、にたる物にて」 〔易経‐繋辞下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐・す イウ‥【幽】
〘他サ変〙 人をある所に閉じこめる。おしこめる。監禁する。幽閉する。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)一〇月壬申「衛送配所、幽于一院

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.