Rakuten infoseek

辞書

【イト】

デジタル大辞泉

いと【幼】
[名]《近世上方語》幼児。男女の区別なく用いたが、後期には女児をさすようになった。
「お生まれなされた―様(=男児)の」〈浄・布引滝
「向かひの嬶(かか)や隣の―(=女児)なぞ対手(あひて)にして」〈滑・浮世風呂・四〉
[接頭]名詞に付いて、おさない、いとけない、の意を表す。
「―姫君二つ三つばかりにておはしませば」〈栄花・初花〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おさ‐な〔をさ‐〕【幼】
形容詞「幼し」の語幹

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう〔エウ〕【幼】
おさないこと。また、おさない。「にしてに親しむ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう【幼】[漢字項目]
[音]ヨウ(エウ)(慣) [訓]おさない いとけない
学習漢字]6年
まだ年がいかない。おさない。「幼魚幼君幼児幼時幼弱幼少幼稚幼虫幼年
おさない子。「長幼童幼老幼
[名のり]わか

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おさな【幼】
形容詞「おさなし」の語幹。
おさなご」に同じ。 「此-、…ちいさき手を合はせて/おらが春」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう【幼】
おさないこと。また、おさない子ども。 「 -にして詩にすぐれ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おさあ・い をさあい【幼】
〘形口〙 「おさない(幼)」の変化した
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「三人のをさあひ人どもの、しゃうぞくまでもくだされければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おさ‐な をさ‥【幼】
[1] (形容詞「おさなし」の語幹)
(イ) 感動詞「あな」を伴ったりして感動文を作り、「幼いことよ」「子供子供していることよ」の意を表わす。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「なににかおぼしいるる。あなおさな」
(ロ) 下に「の」を添えて連体修飾語を作る。幼いこと。幼いさま。
※源氏(1001‐14頃)宿木「げにあが君や、をさなの御物言ひやな」
(ハ) 名詞の上に付いて、複合語を作り、「幼いこと、幼い時」の意を添える。「幼遊び」「幼顔」「幼心」「幼友達」「幼馴染」
[2] 〘名〙
① 「おさなな(幼名)」の略。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)上「文の末へおさなを書くよふになると、むづかしいね」
※俳諧・おらが春(1819)「此おさな、仏の守りし給ひけん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おさ‐な・い をさ‥【幼】
〘形口〙 をさな・し 〘形ク〙 (「長無(をさな)し」の意)
① 考えが未熟である。おろかである。しっかりした思慮分別がない。
※書紀(720)仁徳即位前(前田本訓)「我(おのれ)、不賢(ヲサナシ)と雖も、豈、先(さき)の帝の命(おほむことのり)を棄てて、輙く弟王(いろとのみこ)の願に従はむや」
② いかにも子供子供したさまに見える。子供らしい様子である。子供っぽい。幼稚である。
※土左(935頃)承平五年一月二二日「年九つばかりなる男(を)の童(わらは)、年よりはをさなくぞある」
③ 小さい。幼少である。年齢がごく若い。
※竹取(9C末‐10C初)「まだをさなければ籠(こ)に入れて養ふ」
④ ものごとの達成度が未熟である。未発達である。
※人工衛星も現実である(1958)〈荒正人〉「人間の幸福は、技術がまだ幼かった昔の時代に、これを求めることができる」
[補注]シク活用の例も見られる。→おさなし
おさな‐げ
〘形動〙
おさなげ‐さ
〘名〙
おさな‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おさなく をさなく【幼】
〘名〙 (形容詞「おさない」の連用形が名詞化したもの) 幼い時。
更級日記(1059頃)「姉なる人、子産みて亡くなりぬ。よその事だに、をさなくより、いみじくあはれと思ひわたるに、ましていはむ方なく、あはれに悲しと思ひ嘆かる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おさ‐な・し をさ‥【幼】
〘形ク〙 ⇒おさない(幼)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おさ‐なをさ‥【幼】
〘形シク〙 =おさない(幼)
※日葡辞書(1603‐04)「Vosanaxij(ヲサナシイ) コトヲ ユウ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう エウ【幼】
〘名〙 (形動) おさないとき。また、おさない者やおさないさま。
※続日本紀‐養老三年(719)一一月乙卯「神叡法師。幼而卓絶」
※歌謡・松の葉(1703)跋「幼(ヨウ)より習はさざりし恨(うらみ)も今更なり」 〔礼記‐曲礼上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幼の関連情報

他サービスで検索

「幼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.