Rakuten infoseek

辞書

幼年【ヨウネン】

デジタル大辞泉

よう‐ねん〔エウ‐〕【幼年】
おさない年齢。また、その子供。少年より年若い年齢をいう。「幼年向きの本」「幼年期」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ようねん【幼年】
おさない年齢。おさな子。
少年。子供。 「 -読本」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐ねん エウ‥【幼年】
〘名〙
① おさない年齢。また、その子。弱年。
※万葉(8C後)一七・三九六九・題詞「幼年未山柿之門
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「姓謝氏、幼年より垂釣をこのむ」 〔後漢書‐閻皇后紀〕
② 江戸時代、未成年者のこと。庶民の間ではふつう一五歳未満をいったが、武士については一一歳以上一七歳までをいった。公事方御定書では、一五歳未満の者の特定の犯罪につき刑罰を減軽する処置をとっている。
※禁令考‐後集・第四・巻三二・安永元年(1772)一二月一四日「十四歳より内之ものを幼年之御仕置申付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幼年」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幼年の関連情報

他サービスで検索

「幼年」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.