Rakuten infoseek

辞書

幻住庵記【ゲンジュウアンノキ】

デジタル大辞泉

げんじゅうあんのき〔ゲンヂユウアンのキ〕【幻住庵記】
江戸中期の俳文松尾芭蕉作。元禄3年(1690)4月から7月まで、幻住庵に滞在したときの生活や感想を記したもの。同4年刊「猿蓑(さるみの)」に所収

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんじゅうあんき【幻住庵記】
俳文。芭蕉作。門人曲翠が提供した石山の奥の幻住庵に滞在したおりの俳文。1690年(元禄3)の夏から秋にかけて,芭蕉はこの庵で生活したが,その間京都,大津へ出ることも多く,また門人たちの来訪も多かった。そうした中で,慶滋保胤(よししげのやすたね)の《池亭記》,鴨長明の《方丈記》,木下長嘯子の《山家記》など,伝統的な〈記〉の文学にならって創作されたのが本作品であり,なかでも《方丈記》の影響が顕著だった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんじゅうあんのき【幻住庵記】
俳文。松尾芭蕉作。1690年四月から七月まで滞在した、近江石山の奥にある幻住庵についての記。「猿蓑」(1691年刊)に所収。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幻住庵記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幻住庵記の関連情報

他サービスで検索

「幻住庵記」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.