Rakuten infoseek

辞書

幹竹割(り)【カラタケワリ】

デジタル大辞泉

からたけ‐わり【幹竹割(り)】
幹竹を割るように、物を縦に勢いよく切り裂くこと。多く、人を刀で切るときの形容に用いる。「真っ向幹竹割

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

からたけ‐わり【幹竹割】
〘名〙 幹竹を割るように、まっすぐに勢いよく切り下げること。からたけ。
※虎寛本狂言・太刀奪(室町末‐近世初)「取り直いておこさずば、から竹割にしてやらう」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「慌忙(あはてふため)き逃んとする、玖馬が背(そびら)を乾竹割(カラタケワリ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幹竹割(り)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幹竹割(り)の関連情報

他サービスで検索

「幹竹割(り)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.