Rakuten infoseek

辞書

幸田文【こうだあや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幸田文
こうだあや
[生]1904.9.1. 東京
[没]1990.10.31. 東京
小説家,随筆家。幸田露伴の次女。 1922年女子学院卒業。 28年結婚したが 38年1女を連れて離婚,以後父露伴が没するまでそのかたわらにあって家政を担当した。父の死んだ 47年追憶の記『雑記』『終焉』『葬送の記』を書いて清新直截な文体が認められ,『みそっかす』 (1949) ,『こんなこと』 (50) などの随筆を経て,小説『流れる』 (55) を執筆,57年日本芸術院賞受賞。長編小説おとうと』 (56~57) ,短編集『黒い裾』 (55) などがあり,『露伴の書簡』 (51) ,『露伴小品』 (52) ,『続露伴小品』 (53) ,『露伴蝸牛庵歌文』 (55) ,『露伴蝸牛庵語彙』 (56) などを編集して露伴研究に寄与した功績も大きい。芸術院会員

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうだ‐あや〔カウだ‐〕【幸田文】
[1904~1990]小説家・随筆家。東京の生まれ。露伴の次女。随筆「終焉」、小説「流れる」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

幸田文 こうだ-あや
1904-1990 昭和時代後期の小説家。
明治37年9月1日生まれ。幸田露伴(ろはん)の次女。昭和13年離婚し,娘の玉子(青木玉)とともに父のもとにかえる。22年父の死をえがいた随筆「終焉(しゅうえん)」「葬送の記」で注目される。のち小説に転じ,30年「流れる」で新潮社文学賞,31年「黒い裾(すそ)」で読売文学賞。32年芸術院賞。江戸前の歯切れのよい文体で知られた。51年芸術院会員。平成2年10月31日死去。86歳。東京出身。女子学院卒。作品はほかに「おとうと」「闘(とう)」「木」など。
【格言など】理解を許さない顔をもっている父なんていうものは,いいなあ,実にいい親だ(「あとみよそわか」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうだあや【幸田文】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうだあや【幸田文】
1904~1990) 小説家・随筆家。東京生まれ。露伴の次女。女子学院卒。「終焉」など父を語る随筆で注目され、みずみずしい感覚の張りのある文体で下町の女などを描く。作品「ちぎれ雲」「流れる」「おとうと」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

幸田文
こうだあや
(1904―1990)
随筆家、小説家。父は明治の文豪幸田露伴(ろはん)。東京向島(むこうじま)に生まれる。母および姉弟を早くに失い、幼いときから父露伴に家事や身辺のことで厳しくしつけられる。24歳で酒問屋へ嫁ぎ、店の再興に力を尽くすが、10年を経て離婚。以後、露伴没するまで、その身辺で世話をする。1947年(昭和22)『芸林間歩』露伴特集号に『雑記』を載せ、注目される。同年7月露伴死去に伴い、『終焉(しゅうえん)』『葬送の記』(ともに1947)を書いて文壇に登場。『流れる』(1955)で新潮社文学賞・芸術院賞を、『黒い裾(すそ)』(1955)で読売文学賞をそれぞれ受賞。前者は自らの体験を基にしたもので、教養ある中年の女中梨花(りか)の眼(め)を通して、傾いていく芸者置屋の半年の流れを描いた秀作である。ほかに『おとうと』(1956~57)、『闘(とう)』(1965。女流文学賞受賞)などがあり、また露伴に関する書も多い。[岡 宣子]
『『幸田文全集』全7巻(1958~59・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうだ‐あや【幸田文】
小説家、随筆家。幸田露伴の二女。晩年の露伴と生活を共にし、昭和二二年(一九四七)露伴追悼の一文が機縁となって文壇に登場した。随筆集「父━その死」「みそっかす」、小説「流れる」「ちぎれ雲」などがある。明治三七~平成二年(一九〇四‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幸田文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幸田文の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)地球温暖化防止条約荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ[各個指定]芸能部門日露戦争ロシア革命印僑

他サービスで検索

「幸田文」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.