Rakuten infoseek

辞書

平重盛【たいらのしげもり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平重盛
たいらのしげもり
[生]保延4(1138)
[没]治承3(1179).7.29.
平安時代末期の武将。清盛の長子。 12歳で蔵人となって以来,保元・平治の乱で父清盛に従って活躍。長寛1 (1163) 年従三位に叙される。平氏政権の確立とともに官位が累進し,仁安2 (67) 年従二位権大納言,翌年病により官を辞したが,承安1 (71) 年権大納言に復し,治承1 (77) 年正二位内大臣左近衛大将小松第にいたので「小松内府」と呼ばれた。鹿ヶ谷の陰謀事件で (→鹿ヶ谷事件 ) ,後白河法皇を幽閉しようとする父をいさめて,法皇の罪を不問とした。同3年病のため職を辞し,入道した。『平家物語』には,道理をわきまえた人物として描かれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいら‐の‐しげもり〔たひら‐〕【平重盛】
[1138~1179]平安末期の武将清盛長子保元平治の乱の功により左近衛大将・内大臣。清盛による後白河法皇幽閉を諫止(かんし)。病のため退官、父に先だって病死。謹直、武勇にすぐれた人物と伝えられる。灯籠大臣小松殿。小松内府。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

平重盛 たいらの-しげもり
1138-1179 平安時代後期の武将。
保延(ほうえん)4年生まれ。平清盛の長男。保元(ほうげん)・平治(へいじ)の乱で父にしたがってたたかう。治承(じしょう)元年内大臣となるが,3年7月29日父に先立って病没した。42歳。六波羅小松第の屋敷にちなんで小松内大臣と称された。通称はほかに灯籠大臣。
【格言など】悲しきかな君の御ために奉公の忠をいたさんとすれば……父の恩たちまちに忘れんとす(「平家物語」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たいらのしげもり【平重盛】
1138‐79(保延4‐治承3)
平安末期の武将。通称小松内府,灯籠大臣。清盛の長男。保元・平治の乱で功をあげ,平氏の隆盛とともに累進し,1167年(仁安2)権大納言,以後,左大将,大納言などを歴任して77年(治承1)従二位内大臣となる。《平家物語》では,鹿ヶ谷事件のさい清盛が後白河法皇を幽閉しようとするのを諫止するなど,性温厚で沈着な人物として描かれる。病弱のため父に先立って死去した。【田中 文英】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいらのしげもり【平重盛】
1137~1179) 平安末期の武将。清盛の長子。通称、小松内府・小松殿・灯籠大臣。保元・平治の乱で功をあげ、従二位・内大臣にのぼった。性温厚で、道理を重んじ人望があったが、一門全盛期に病没した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平重盛
たいらのしげもり
(1138―1179)
平安後期の武将。清盛(きよもり)の長子。母は高階基章(たかしなもとあき)の女(むすめ)。1150年(久安6)蔵人(くろうど)となる。保元(ほうげん)の乱(1156)では父清盛に従い後白河(ごしらかわ)天皇側として勝利を得た。また平治(へいじ)の乱(1159)には六波羅(ろくはら)を守って活躍した。65年(永万1)参議となる。父が太政大臣(だいじょうだいじん)となった67年(仁安2)権大納言(ごんのだいなごん)に昇り、77年(治承1)左大将、内大臣となった。小松第(こまつだい)(京都市東山(ひがしやま)区)にいたので世に「小松内府(ないふ)」といわれる。同年、後白河法皇の近臣による鹿(しし)ヶ谷(たに)における清盛追討の陰謀が発覚、腹をたてた清盛は法皇を幽閉しようとしたが、重盛がこれを諫止(かんし)した。この事件の主謀者藤原成親(なりちか)の女は、重盛の子惟盛(これもり)の嫁であった。病がちの重盛は、79年(治承3)職を辞し出家、静蓮(じょうれん)(一説に証空)と号した。小松第に法皇の見舞いを受けた1か月余りのちの同年7月29日に没した。『平家物語』は、重盛を道理をわきまえた人物として描いている。父清盛をいさめて、後白河院との表面的対立を抑えてきたが、重盛没後、清盛は法皇を鳥羽(とば)殿に幽閉して院政を停止させた。ここに清盛の軍事的独裁政治が始まり、やがて大衆が離反してゆくのである。[田辺久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいら‐の‐しげもり【平重盛】
平安末期の武将。清盛の長男。俗称小松内府、灯籠(とうろう)大臣。保元、平治の乱に功があり、従二位内大臣に累進した。鹿ケ谷事件の際に、父が後白河法皇を幽閉しようとするのを諫止し、清盛、朝廷間の対立の和解に努めた。性質温厚で人望があった。保延四~治承三年(一一三八‐七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平重盛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平重盛の関連情報

関連キーワード

シュタウフェン朝サッイダ・アルワースライフ朝アレッポ地震何か・安か・焉かリテールパートナーズ胡安国サラディン中右記

他サービスで検索

「平重盛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.