Rakuten infoseek

辞書

平泉【ひらいずみ】

知恵蔵

平泉
平泉は岩手県の内陸部、西磐井郡平泉町にある地名
平泉一帯は、11世紀末に奥州藤原氏の初代清衡が、岩手県南部の江刺から拠点を移した地と言われている。それまではこの土地を豪族の安倍氏が支配していたが、朝廷に反発したことがきっかけで1051年から62年にかけて前九年の役が始まる。1053年に源頼義が陸奥国守として赴任、安倍氏を牽制(けんせい)した。
一時期は安倍氏側が優勢だったが、出羽国(現在の秋田~山形県)の豪族・清原氏が頼義側に加担したことで形勢は逆転、頼義側の勝利に終わった。安倍氏は処罰され滅亡する。ところが戦功を挙げた源頼義は伊予守に配置替えとなり、奥州を支配したのは清原武則だった。
藤原清衡の父・経清は安倍氏に加担したため戦後処刑され、息子の清衡も同様に処刑されるはずだったが、母が清原氏に嫁いだことで命拾いをする。しかし、母が清原氏との間に真衡・家衡の2人の息子を生んだため、相続争いが勃発。更に源頼義の息子の義家が清原一族の内紛に介入することで、1083年から後三年の役が始まる。真衡・家衡の敗死に伴い、87年に戦いは終結。それ以降、清衡は陸奥の奥六郡と出羽の山北三郡の支配権を得る。拠点を平泉に移し、1124年に「今後、戦争のない世になるように」との願いを込めて中尊寺を建立した。奥州は金の産出が豊富で、中尊寺の金色堂は外面、内面、須弥壇(しゅみだん)まで金箔で覆われている。ちなみに最近の研究では、マルコ・ポーロが『東方見聞録』に記した「黄金の国・ジパング」は平泉の中尊寺や毛越寺などに施された黄金を指している可能性が高いと言われている。
28年、清衡は中尊寺で眠るように亡くなり、遺体は金色堂に葬られた。清衡の遺志を継いで、二代基衡は毛越寺を、三代秀衡は無量光院を建立する。初代清衡から三代秀衡まで約100年間、奥州を藤原氏が治めたが、平安末期、兄である源頼朝との不和のため、源義経が奥州に潜伏。1189年、四代泰衡は義経を大将とするようにという秀衡の遺言にもかかわらず、義経を自害に追い込む。その後、義経を匿ったとして頼朝軍が奥州に押し寄せ、これにより奥州藤原氏は滅亡した。平泉の中尊寺・毛越寺などの寺院や庭園は藤原氏三代が仏教に基づく極楽浄土の理想世界の実現を目指して造営された。これら建造物が浄土思想を表現する目的で創造された独特の事例であることが評価され、2011年6月に世界文化遺産に登録された。登録対象は中尊寺・毛越寺・観自在王院跡無量光院跡金鶏山である。平泉は08年にも登録を申請したが見送られ、今回念願の登録が実現した。日本国内の世界遺産としては16件目に当たる。11年3月に起こった東日本大震災の影響で観光客が減っている東北地方にとって大きな喜びとなり、地元平泉町では「観光風評被害対策プロジェクトチーム」を設け、観光客の誘致にも力を入れている。
(金廻寿美子  ライター / 2011年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

平泉
12世紀、奥州藤原氏四代により、平泉文化が展開された。金色堂で知られる中尊寺などの史跡が残っている。世界文化遺産は当初、ピラミッドのように特徴的な建造物が多かったが、94年にユネスコ世界遺産委員会は、「人類と自然との共生を示す文化的景観」などに力点を置く方針を示した。これを受けて、日本政府は「浄土思想を基調とする文化的景観」をテーマに据え、毛越寺、無量光院跡など、平泉町、一関市奥州市の9の構成資産で世界遺産登録を目指している。
(2008-05-23 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ひらいずみ〔ひらいづみ〕【平泉】
岩手県南部、西磐井(にしいわい)郡の地名。北上川貫流する。奥州藤原3代の栄えた地。平成23年(2011)、「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の名で、中尊寺毛越寺観自在王院跡無量光院跡金鶏山の5件が世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ひらいずみ【平泉】
埼玉の日本酒。蔵元は「平泉酒造」。現在は廃業。蔵は飯能市下直竹にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひらいずみ【平泉】
岩手県南部の町。北上川西岸の平泉丘陵にあり、一一世紀末から一二世紀末にかけて、奥州藤原氏三代(清衡・基衡・秀衡)の根拠地として栄えた。中尊寺・毛越もうつ寺などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひらいずみ【平泉】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひらいずみ ひらいづみ【平泉】
岩手県南部の地名。北上川が貫流。一二世紀末、藤原氏の居館が置かれて奥州・出羽両国支配の根拠地となり、独自の文化が栄えた。中尊寺、毛越寺などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平泉の関連情報

他サービスで検索

「平泉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.