Rakuten infoseek

辞書

平民【へいみん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平民
へいみん
明治維新から第2次世界大戦後の 1947年まで一般庶民に用いられた身分呼称明治2 (1869) 年の版籍奉還により従来の公卿諸侯が華族,同4年の廃藩置県により武士が士族と呼ばれることになったのに対応してできたもので,四民平等が叫ばれながらも,平民は最下級の身分として温存された。また同5年従来の穢多 (えた) 非人の称を廃して平民としたが,しかしこれを特に新平民と呼んで差別する風潮がその後も残った。一方,同3年には平民にも苗字が許され,また華族,士族,平民間の婚姻や養子縁組も許されるようになり,徐々に実質的な四民平等化が進むようになった。 1947年にこれらの身分呼称は廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へい‐みん【平民】
官位のない普通の人民。庶民。
明治2年(1869)設定された族称の一。華族士族を除いた・工・商に対する呼称。日本国憲法施行とともに消滅。→士農工商
古代ローマで、貴族・奴隷以外の一般市民。プレブス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいみん【平民】
(1)古代律令制下で位階官職をもたない一般人民をさした語。百姓公民,良民と同様な意味で用いられた身分呼称であった。《令義解(りようのぎげ)》で〈家人(けにん),奴婢(ぬひ)〉について〈すでに平民に非ず〉といわれているように,賤民である家人や奴婢は平民身分から除外された。また公民の籍帳から外れた浮浪人も平民とはみなされなかったが,浮浪帳に編付され調庸を負担している浮浪人は,弘仁年間(810‐824)の太政官符により水旱不熟の年には平民に準じて調庸が免除されることになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいみん【平民】
官位をもたない普通の人民。庶民。
1869年(明治2)華族・士族が設けられたのに対して、従来の農・工・商の身分に用いられた呼称。
プレブスに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平民
へいみん
1869年(明治2)明治新政府が、旧幕藩制社会の身分秩序を廃止した際、それまでの農・工・商の三民につけた身分上の呼称。政府は新政の基本方針の一つとして、「四民平等」を宣言したが、なお皇族、華族、士族、平民のように、国民のなかには差別的呼称が残された。政府は農・工・商を平民に一括して、70年彼らに姓(苗字(みょうじ))を許可した。その結果、それまで原則として苗字がなかった町人、農民にも、強制的に姓を唱えさせる措置がとられた。その翌年、政府は平民に乗馬や、羽織、袴(はかま)の着用を許し、また華族から平民に至るまで相互に婚姻の自由も認めることになった。ついで同年、従来から「穢多(えた)」「非人」とよばれてきた被差別民に対する身分外身分も撤廃され、平民籍に編入された。こうして、平民とは単に家系を示す呼称に限られ、それまでのように、華族や士族の下位に位置づけられ、彼らに従属する関係ではなくなり、法制上でも同等に扱われることになった。しかし、戸籍記載の場合に残された平民の呼称が完全に消失するのは、90年の戸籍法の制定以降であったように、旧来の華族、士族、平民を格づけた身分意識は、国民の間に長く残存した。事実、明治維新や初期民権運動などで士族が積極的に行動して、農民その他を指導したことが多かった。しかし、教育の普及、知識の向上などにより、1880年代後半以降、たとえば、平民主義が主張され、平民社の結成、『平民新聞』の刊行などのように、いわゆる平民とよばれた華・士族以外の諸階層の台頭が目覚ましくなっていった。[石塚裕道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へい‐みん【平民】
〘名〙
① 官位のない民。また、普通の人民。庶民。良民。
※続日本紀‐和銅元年(708)七月乙巳「勅曰、卿等情存公平、率先百寮。朕聞之喜慰于懐。思由卿等如一レ此、百官為本至天下平民、埀拱開衿、長久平好」 〔書経‐呂刑〕
※小山田文書‐文治二年(1186)九月一八日・八幡宇佐宮大工秦安利申状「件名田、云宮神事、云御館内雑事、乍勤厚、依御免判、准平民宛万雑公事之間」
③ とるべき出自をもたない僧侶をいう。身分の高い出自の僧侶を貴種・良家と呼ぶのに対していう。
※伝法灌頂自記(1587)「一当流為平民出世伝持事 応安六年〈癸丑〉十二月廿六日」
④ もと、華族・士族を除いた日本臣民の族称。明治二年(一八六九)従来の公卿(くぎょう)・大名の身分にあったものを華族、武士の身分にあったものを士族と称したのに対し、その他をいう。大正三年(一九一四)の戸籍法改正でこの族称は廃止された。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「仮に之を士族と視做し、大数五百万人を華士族と定め、二千五百万人を平民の党と為し」
⑤ 古代ローマで、貴族と区別された一般市民。プレブス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平民」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平民の関連情報

他サービスで検索

「平民」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.