Rakuten infoseek

辞書

平民新聞【へいみんしんぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平民新聞
へいみんしんぶん
明治後期に刊行された週刊および日刊の社会主義新聞。日露戦争直前の 1903年,黒岩涙香の『万朝報』の記者として非戦論を唱えていた幸徳秋水堺利彦らは,黒岩が開戦論に転じたため退社。 11月 15日に平民社を設立し,同日付で週刊『平民新聞』を創刊した。『共産党宣言』の日本初の翻訳が掲載された創刊1周年記念号は発行禁止となった。そして繰返し政府弾圧を受けたあげく,マルクスの『新ライン新聞』の終刊号にならって,全紙赤刷りとし 1905年1月 29日の第 64号で廃刊した。その後,1907年1月 15日から平民社は機関紙として日刊『平民新聞』を創刊した。日本社会党の機関紙という性格もあったが,幸徳らの直接行動派と片山潜ら議会政策派との内部分裂,2月の結社の禁止による日本社会党の解党,弾圧などの理由で,4月 14日の第 75号で廃刊した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいみんしんぶん【平民新聞】
平民社が発行した週刊新聞。明治36年(1903)創刊。同38年廃刊。同40年に平民社の再建とともに日刊紙として再刊されたが、3か月で廃刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

平民新聞
明治時代の新聞のひとつ。1903年、日露戦争開戦に反対して「万朝報」を退社した幸徳秋水、堺利彦らが東京で創刊した週刊紙。自由・平等・博愛と平民主義・社会主義・平和主義を掲げ、日本の初期の社会主義運動を思想的にも牽引した。マルクス・エンゲルスの「共産党宣言」を日本で最初に訳載した新聞として知られる。罰金発禁、編集者の逮捕など、しばしば当局からの弾圧を受け、1905年に廃刊。1907年1月、再興した平民社の機関紙として日刊で再創刊するが、内部の思想的対立などにより、同年4月に廃刊。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいみんしんぶん【平民新聞】
明治末期に発行された週刊および日刊の新聞。(1)週刊《平民新聞》 1903年11月15日,日露戦争に反対して《万朝報》を退社した幸徳秋水と堺利彦によって創刊された。後に石川三四郎,西川光二郎らが参加したほか,安部磯雄加藤時次郎木下尚江,斯波貞吉らが社外から協力した。創刊の宣言でみずからの主義として〈平民主義,社会主義,平和主義〉を掲げ,新聞は〈満天下の同主義者が公有の機関〉と自己規定している。いまだ無定型の状態にあった初期社会主義運動は,この新聞の媒介する交流関係によって運動面でも思想面でも自己形成していった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいみんしんぶん【平民新聞】
1903年(明治36)、平民社が創刊した週刊新聞。1905年廃刊。1907年一月、日刊新聞として再刊したが、政府の弾圧により同年四月廃刊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平民新聞
へいみんしんぶん
明治後期、東京で発刊された社会主義新聞。日露開戦に反対した幸徳秋水(こうとくしゅうすい)、堺利彦(さかいとしひこ)が、反戦の立場を貫くために1903年(明治36)11月15日創刊した(週刊)。自由、平等、博愛を基本とし、平民主義、社会主義、平和主義を唱えた。石川三四郎、西川光二郎(みつじろう)らが在社、木下尚江(なおえ)らも応援したが、第20号の社説「嗚呼(ああ)増税」で堺が2か月の軽禁錮に処せられたのをはじめ、一周年記念号に「共産党宣言」を訳載して発禁を受けるなど、罰金、発売頒布禁止が続き、最後には印刷所国光(こっこう)社の印刷機械も没収されたため、05年1月29日の第64号を、マルクス・エンゲルスの『新ライン新聞』の終刊にちなんで赤刷りとし、廃刊した。その後、後継紙が相次いだが、07年1月15日、石川、西川、竹内兼七(かねしち)、幸徳、堺らによって、日刊の『平民新聞』が創刊された。しかし、内部の思想的対立、ならびに発売頒布停止処分による経営難に加えて、第63号の「青年に訴ふ」が朝憲紊乱(びんらん)罪で編集人、印刷人、筆者が起訴されたこともあり、4月14日第75号をふたたび全紙赤刷りにして廃刊した。[春原昭彦]
『林茂・西田長寿編『平民新聞論説集』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいみん‐しんぶん【平民新聞】
平民社から明治三六年(一九〇三)一一月一五日創刊した新聞。はじめ週刊で、社会主義と反戦論を強く訴え、「共産党宣言」を初掲載して発禁となり廃刊。同四〇年一月日刊として再刊したが、四月発禁により廃刊。→平民社

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平民新聞
へいみんしんぶん
明治後期の社会主義新聞
①週刊『平民新聞』。1903年,幸徳秋水・堺利彦らが平民社から発行。平民主義・社会主義・平和主義を掲げ,日露戦争に対して非戦論を高唱し,しばしば発禁処分をうけ,'05年,第64号で廃刊となった。
②日刊『平民新聞』。再興平民社および日本社会党機関紙。'07年1月,西川光二郎・幸徳・堺らが,前年再興された平民社より発行。日本社会党の禁止に伴い,4月,第75号で廃刊となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平民新聞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平民新聞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.