Rakuten infoseek

辞書

平民主義【へいみんしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平民主義
へいみんしゅぎ
明治期において国権主義,官憲的権威主義貴族主義などに対抗した思潮。内容はこれを唱えた思想家によってそれぞれ異なっている。明治初年に福沢諭吉北村透谷らが平民の自覚を促したのが平民主義の出発点であった。次いで 1886年に徳富蘇峰民友社を設けて『国民之友』を発刊して唱えた平民主義は内容的には自由民権の思想と同じであった。その後徳富は国権主義に転向して平民主義を捨てたが,1903年にいたり幸徳秋水平民社を設けて『平民新聞』を出し,社会主義や反戦思想を内容とする平民主義を吹した。 1907年にこれが弾圧されると,今度は片山潜らによって平民協会がつくられ,社会主義,普通選挙,労働組合運動の実行を目指したが,これも 1912年に禁止されて大正デモクラシーの時代に移行した。そこでは平民主義に代わって,もっぱら民本主義や社会主義が唱えられた。なお平民主義は明治末年において文学上の自然主義運動のなかにも現れた。ただしこの場合は解放思想ではなく,むしろ虚無的なアナーキズムに傾いていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいみん‐しゅぎ【平民主義】
差別をなくし、万人平等の社会の実現を目ざす主義。明治中期、徳富蘇峰(とくとみそほう)主張

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいみんしゅぎ【平民主義】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいみんしゅぎ【平民主義】
明治20年代に徳富蘇峰が行なった主張。国家主義に対して、民衆に基盤を置く近代化を提唱。
1903年(明治36)に平民社が掲げた立場の一。労働者・農民の立場での社会改革・国際的連帯などを内容とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいみん‐しゅぎ【平民主義】
〘名〙 地位身分差別がなく、平等の個人によって成立する社会の実現をめざす主義。貴族主義に対する語で、特に明治二〇年代に徳富蘇によって唱えられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平民主義
へいみんしゅぎ
明治中期,徳富蘇峰が主張した思想
蘇峰は人民味方をみずからもって任じ,1887年創設した出版社を民友社と名づけた。またその機関誌『国民之友』で政府の推進する貴族的欧化主義を批判し,平民(地方実業家「田舎紳士」)による下からの近代化を唱えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平民主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平民主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.