Rakuten infoseek

辞書

平戸【ヒラド】

デジタル大辞泉

ひらど【平戸】
長崎県北部の市。北松浦半島の一部と平戸島生月(いきつき)島・的山(あづち)大島などからなる。もと松浦氏城下町で、古くから中国大陸との交易根拠地鎖国まではオランダイギリスなどとの貿易港として栄えた。平成17年(2005)10月、大島村・生月町・田平町と合併。人口3.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひらど【平戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひらど【平戸】
長崎県北部、北松浦半島北西部および平戸島を中心に周辺の島々から成る市。もと松浦氏の城下町。1550年ポルトガル船の入港以来、鎖国によって出島に移るまで南蛮貿易の開港場。当時の商館跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひらど【平戸】
[1] 長崎県北部の地名。平戸島全域と度島(たくしま)、高島などから成る。海岸線は屈曲多く良港に富み、古来中国、朝鮮との交通の寄港地となる。鎌倉時代以後、松浦(まつら)氏の城下町となり、天文一九年(一五五〇)のポルトガル船入港以来、江戸時代の鎖国まで貿易港として繁栄。オランダ・イギリス商館跡、キリシタン遺跡など史跡に富む。昭和五二年(一九七七)平戸大橋が開通し、九州本土と結ばれた。同三〇年(一九五五)市制。
[2] 〘名〙
① (もと南蛮から伝えられて平戸島で製したもの) 金線・銀線を種々に組んで編んだ細工物。平戸細工。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉三「根附が象牙に銀の鏡蓋で緒〆が平戸(ヒラト)で」
※茶家酔古襍(1841‐48)一「小眼絵唐津辻平戸等」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

平戸
ひらど
長崎県の北西端にある港
古来,朝鮮・中国との海上交易の基地となっており,松浦氏の下で繁栄し,1550年にザビエルの布教以後はキリシタンが増加した。また,ポルトガル・オランダ・イギリスとの交易が行われ,特に江戸時代初期にはオランダとの交易で藩財政は潤った。しかし,オランダ商館の長崎出島移転後には,かつての繁栄は失われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平戸
ひらど
長崎県北西部,平戸島にある中心港市
古くからの貿易港で,遣唐使船の寄港地でもあったが,1550年ポルトガル船の入港以来,領主松浦 (まつら) 氏の保護により,対外貿易の一大中心地となった。1641年オランダ商館の長崎移転後は衰退し,単なる漁港となる。1955年市制を施行

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.