Rakuten infoseek

辞書

平家かぶら【へいけかぶら】

事典 日本の地域ブランド・名産品

平家かぶら[根菜・土物類]
へいけかぶら
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に美方郡香美町で生産されている。古くから香美町香住区御崎付近には、かぶが自生している。1185(寿永4)年、壇ノ浦戦いに敗れた平教盛とその家来が上陸した際、このかぶを食べたとして、平家かぶらと呼ばれる。葉には数ヶ所の切れ込みがあり、産毛のようなを持つ。根は円錐形。大きいもので太さ20cm、長さ15cm〜20cmにもなる。料理には主に葉が用いられ、塩漬けや煮付などに利用される。根はやわらかいうちに汁物のとして利用。ひょうごの伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平家かぶら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平家かぶらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.