Rakuten infoseek

辞書

平塚らいてう【ひらつからいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平塚らいてう
ひらつからいちょう
[生]1886.2.10. 東京
[没]1971.5.24. 東京
大正・昭和期の評論家,婦人運動家。本名奥村明(はる)。筆名は雷鳥をかな書きしたもの。1906年日本女子大学校(→日本女子大学)卒業。文学講座を通じて知り合った作家の森田草平と心中未遂事件を起こし,物議をかもした。スウェーデンの婦人運動家エレン・ケイの思想との影響を強く受け,1911年青鞜社をつくり,日本で初めての婦人雑誌『青鞜』(1911~16)を刊行,恋愛と結婚の自由を説き,婦人解放への道を開いた。また 1920年には,婦人の政治的自由を要求する団体,新婦人協会市川房枝らと発足させた。(→婦人運動

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

平塚らいてう
戸籍名は(はる)。1886~1971年。東京生まれ。日本女子大卒業後、25歳で青鞜を創刊画家事実婚して2児を育て、国家による母性保護を訴えた。第1次世界大戦後、市川房枝らと新婦人協会を結成。第2次大戦後は平和運動尽力
(2011-09-09 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ひらつか‐らいちょう〔‐ライテウ〕【平塚らいてう】
[1886~1971]評論家・婦人運動家。東京の生まれ。本名、明(はる)。明治44年(1911)、女性文芸誌「青鞜」を発刊。のち、市川房枝奥むめおらと、女性の地位向上を目ざす新婦人協会を結成して婦人参政権運動を展開。自伝「元始、女性は太陽であった」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

平塚らいてう ひらつか-らいちょう
1886-1971 大正-昭和時代の婦人運動家。
明治19年2月10日生まれ。44年婦人文芸誌「青鞜(せいとう)」を創刊,女性の解放を主張し,新しい女の生き方を実践。大正9年市川房枝らと新婦人協会をつくり,婦人参政権運動をすすめる。戦後は反戦・平和運動に力をそそいだ。昭和46年5月24日死去。85歳。東京出身。日本女子大卒。本名は奥村明(はる)。著作に「円窓(まるまど)より」「わたくしの歩いた道」など。
格言など】元始,女性は実に太陽であった(「青鞜」創刊の辞)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

平塚らいてう
1886〜1971(明治19年〜昭和46年)【女性解放思想家】漱石の「三四郎」に登場する美禰子のモデルとも。 「女性は太陽であった」と宣言。大正・昭和期の女性解放思想家・運動家。東京都麹町出身。日本女子大学卒。作家森田草平と心中未遂事件を起こし、夏目漱石に衝撃を与えた。1911年(明治44)「青鞜(せいとう)」を創刊し、日本の女権宣言といわれる発刊の辞「元始、女性は太陽であった」を執筆。20年(大正9)市川房枝らと新婦人協会を設立。昭和初期にはアナーキズムに接近するなど、たくましい行動力で女性解放運動に携わった。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひらつからいちょう【平塚らいてう】
1886‐1971(明治19‐昭和46)
女性解放運動家。本名奥村明(はる)。筆名は雷鳥をかなにしたもの。東京都千代田区麴町に生まれ,知的で裕福な家庭(父平塚定二郎は会計検査院次長)に育ち,日本女子大学校(のちの日本女子大学)家政科に入学。在学中に文学,哲学,宗教などの本を読み,寮友のすすめで参禅する。1906年卒業後英語を学ぶ。08年作家森田草平と塩原心中未遂事件(煤煙事件)を起こし世人を驚愕させた。11年生田長江にすすめられ,母から資金を出してもらい,婦人文芸集団青鞜社を興し,同人誌青鞜》を発刊以後,編集と経営にあたる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひらつからいちょう【平塚らいてう】
1886~1971 社会運動家・評論家。東京生まれ。本名、奥村明はる。筆名は雷鳥をかなにしたもの。雑誌「青鞜」を創刊し「元始女性は太陽であった」という論説を載せ、「新しい女」の出現を主張。新婦人協会を結成して女性参政権運動を展開し、第二次大戦後も諸種の女性運動に活躍した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひらつか‐らいちょう【平塚らいてう】
婦人運動家、評論家。「らいてう」は雷鳥を仮名書きしたもの。東京出身。本名奥村明(はる)。日本女子大学卒。明治四四年(一九一一)、青鞜社を創立。婦人解放をうたった「青鞜」を発刊した。大正九年(一九二〇)には市川房枝らと新婦人協会を結成し婦人参政権運動を起こした。第二次世界大戦後は平和運動に力を注ぎ、昭和二八年(一九五三)、日本婦人団体連合会会長。著「元始、女性は太陽であった」「わたくしの歩いた道」など。明治一九~昭和四六年(一八八六‐一九七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平塚らいてう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平塚らいてうの関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]ナンバースクール津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.