Rakuten infoseek

辞書

平城【ひらじろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平城
ひらじろ
平地に建てられた城 (→平山城 ) 。近世に入り,城が単なる防衛施設としてだけでなく,領国統治のため,政治経済の中心地に設ける必要が生じ,天険によらない平地に城が造られるようになった。その周辺には家臣を集住させ,社会経済の発展に対応して城下町を設けた。最初のものは豊臣秀吉による大坂城 (→大阪城 ) である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平城
へいじょう
Ping-cheng; P`ing-ch`êng
中国,北魏前期の国都。現在の山西省大同市にあたる。漢の時代には鴈門郡に属する県がおかれ,東部都尉が駐在して匈奴にそなえた。漢の高祖が匈奴に囲まれ,危うく死地を脱したのは平城の東,白登山であった。4世紀末,北魏の道武帝がここを首都として壮麗な宮城を築き,以後約1世紀間繁栄した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひら‐じょう〔‐ジヤウ〕【平城】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひら‐じろ【平城】
平地に築いた城。ひらじょう。→山城(やまじろ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいじょう〔ヘイジヤウ〕【平城】
平城京」の略。
中国で、北魏時代前期の都。398年、北魏の道武帝が建設し、494年、孝文帝洛陽へ遷都するまで存続した。現在の山西省大同にあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひらじょう【平城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひらじろ【平城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

へいじょう【平城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひらじょう【平城】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひらじろ【平城】
築城形式の一。地形の高低によって、戦術上の有利不利がほとんど生じないような平地に築かれた城。 → 平山城山城

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいじょう【平城】
「平城宮」「平城京」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典

たいらじょう【平城】
福島県いわき市にあった江戸時代の梯郭式の平城(ひらじろ)。磐城平藩の藩庁の置かれた城である。関ヶ原の戦いの後の1602年(慶長7)に、改易となった岩城氏に代わって磐城に入り、10万石の大名となった鳥井忠政が同市内の物見ヶ岡に築いた城である。忠政は当初、岩城氏の居城だった飯野平城(大館城)に入城したが新城の建設に着手し、1605年(慶長10)に忠政が出羽山形へ国替えになった後も、新藩主の内藤政長に引き継がれ、12年の歳月をかけて平城が完成した。平城には天守は造られず、代わりに本丸には三層櫓(やぐら)が建設された。また、従来の飯野平城を中心とした町割を改めて、武家町・町人町・寺町を分ける近世の城下町が整備された。なお、忠政は「岩城平」の地名を「磐城平」に改めている。内藤氏後も次々と藩主が変わったが、1756年(宝暦6)に安藤信成が5万石で入部し、以降安藤氏7代が藩主となり明治維新を迎えた。戊辰戦争では、磐城平藩は奥羽越列藩同盟に加盟し旧幕府方に属したことから新政府軍の攻撃を受け、その際に当時の家老の上坂助太夫はみずから城に火を放ち逃走した。このため城跡に建物は残されていないが、同市内平藤間の民家に焼失を免れた掻槌(さいづち)門が、同市内平新川町の民家に長橋門が移築され現存する。このほか、市内平沼ノ内の賢沼寺には、どこの門かは定かではないが平城の城門が山門として移築され現存する。また、城跡には石垣、土塁、水堀の一部が残っており丹後沢公園となっている。塗師櫓(ぬしやぐら)石垣は、同市史跡に指定されているほか、同公園に隣接して岩城氏以来の歴史遺産を展示する龍ヶ城美術館がある。城跡には物見ヶ岡稲荷神社が建っている。JR常磐線いわき駅から徒歩。◇磐城平城と通称される。龍ヶ城(りゅうがじょう)とも呼ばれる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひら‐じょう ‥ジャウ【平城】
〘名〙 平地に築いた城。ひらじろ。
※太平記(14C後)一七「さしもなき平城(ヒラジャウ)に籠りて取巻れなば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひら‐じろ【平城】
※築城記(1565)「ヒラ城の塀は高さ六尺二寸」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいじょう ヘイジャウ【平城】
[1] 中国、北魏前期の国都の所在地。現在の山西省大同市。漢代の平城県の故地に三九八年北魏の道武が中国風の都城を建設、四九四年、孝文帝の洛陽遷都まで存続。
※広益熟字典(1874)〈湯浅忠良〉「平城 ヘイシャウ ヒラジロ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.