Rakuten infoseek

辞書

平均律【へいきんりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平均律
へいきんりつ
equal temperament
1オクターブ等分に分つ調律法。タイで使われている7等分平均律や,ヨーロッパで伝統的に使われている 12平均律などはこの代表であるが,特に後者をさしていわれる。これは,振動数を,基音を1,オクターブ高い音を2とし,その中間を等分する。これによれば,5度は純正律よりやや狭く,3度は広くなるが,音律が平均であるためすべての転調が可能になるなどの多くの利点があり,18世紀以後の鍵盤楽器をはじめとした楽器の標準的な調律法になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいきん‐りつ【平均律】
オクターブを等分割した音律。また、純正律の微小音程を平均化し、実用的に使いやすくした音律。特に、オクターブを12等分した十二平均律は19世紀以降広く用いられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいきんりつ【平均律 temperament】
オクターブを均等に分割した音律。歴史的には純正律を実用的に修正した音律を〈平均律〉といい,とくに半音の間隔を均等に配分した〈12平均律〉をいう。〈12平均律〉はすべての長・短調が演奏可能な実用的音階で,とくに18世紀以降の調性音楽の基礎となったのみならず,20世紀初めの十二音音楽もこの音律論を前提としている。自由な転調と移調,それに自由な和音進行を円滑に行うという必要性から生まれた音律法で,それぞれの音の振動数の比が12になるようにオクターブを12個の等しい半音に分割する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいきんりつ【平均律】
オクターブを平均的な音程に等分割した音律。また、純正律の複雑な各音程を簡便にして実用的なものとした音律。オクターブを一二の半音に等分した十二平均律が、現在広く用いられている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平均律
へいきんりつ
temperament英語
Temperaturドイツ語
tempramentフランス語
temperamntoイタリア語
音律の一種。一般的にはオクターブまたは特定のある純正音程を多等分割して平均化する音律方式をさすが、元来temperamentとは、ピタゴラス音律や純正律の算出法から生じる音のずれをわずかに加減して「調節された」音律を意味する。
 ヨーロッパでは中世以来ピタゴラス音律や純正律が用いられてきたが、和声法や調性の発達に伴いそれでは転調が困難で、とくに演奏時の音高調整が不可能な鍵盤(けんばん)楽器において著しい支障が生じ始めた。このため、多少響きの純正度は減じても調に対する適応力を拡大しようと登場したのが平均律である。15~19世紀には純正律を部分修正したさまざまな不等分平均律(中全音律など)が用いられたが、その間、16世紀にはオクターブを12半音に等分した12平均律が考案された。これは、五度定律法によって純正五度音程を12回重ねて得た音と基音とのわずかな音程のずれ(ピタゴラス・コンマ)を解消するために、1/12コンマだけ狭い五度を基本単位として閉じた五度圏を可能にしたものである。異名同音間の偏差がないため、12音鍵盤上の転調を可能にした。12平均律は、完全八度以外は純正律からずれている(とくに長短三および六度のずれが大きい)、また和声法上の協和・不協和音の区別が響きのうえで得られないなどの欠点はあるが、17、18世紀からしだいに実用化され始め、19世紀後半以降は他を駆逐して広く世界的に用いられるようになった。
 今日平均律というと、この12平均律をさすことが多いが、等分平均律にはそのほかにも各種あり、なかでももっとも純正律に近いものとして53平均律が重要である。中国では朱載(しゅさいいく)が1596年に、日本では中根元圭(げんけい)が1692年(元禄5)にすでに12平均律を算出・発表しており、西アジアでは今日独自の微分音的音律を表すものとして24平均律が用いられている。さらに、タイには七等分平均律、インドネシアには五等分平均律に近い音列が存在する。[川口明子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいきん‐りつ【平均律】
〘名〙 オクターブを一二等分してできた音階で、すべての全音と半音の関係が二対一になっている。一九世紀中頃以降のピアノやオルガンなどはこの音律に調律され、近代音楽の基礎となっている。平均律音階。十二平均律。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平均律」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平均律の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.