Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

平地【ヒラチ】

デジタル大辞泉

ひら‐ち【平地】
起伏のないらな土地。へいち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐ち【平地】
《古くは「へいぢ」か》平らな土地。ひらち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひら‐じ〔‐ヂ〕【平地】
平織り」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平地
へいち

起伏の小さい平らな土地。平地ということばは厳密な科学用語ではなく、自然地理学では起伏が小さく低平な土地をとくに平野と称し、標高の高い所でも平坦(へいたん)地が存在すれば、これを平地と称し、その適用範囲が高度および広さに関してきわめて広い。したがって、平地の成因も多様であって、侵食によってつくられた広大な平野から、山頂部の小規模な平坦地、あるいは堆積(たいせき)によってつくられた広い平野など各種である。

[市川正巳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひら‐じ ‥ヂ【平地】
〘名〙
① 平織りにした布地。
② 刀の刃先から鎬(しのぎ)までの部分。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひら‐ち【平地】
〘名〙 (「ひらぢ」とも) 高低・凹凸のない平らな土地。へいち。
※巨海代抄(1586‐99)下「鶴鶻と云者は〈略〉平ら地には巣を掛けぬ物だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐ち【平地】
〘名〙 (古くは「へいぢ」か) たいらな土地。ひらち。
※高野本平家(13C前)二「さしもさかしき東坂、平地(ヘイヂ)を行くが如く也」
※俳諧・崑山土塵集(1656)一〇「露のぬきへいちに入よ霜はしら〈宗通〉」 〔史記‐河渠書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐じ ‥ヂ【平地】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.