Rakuten infoseek

辞書

【カン】

デジタル大辞泉

かん【干】
横笛の指孔の一。6指孔の笛では1番先端に近い、7指孔の笛では先端から2番目の穴。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【干】[漢字項目]
[音]カン(呉)(漢) [訓]ほす ひる たて
学習漢字]6年
水がひく。水をひかす。ほす。「干魚干拓干潮干満
(「旱(かん)」の代用字)日照り。「干害干天
武器の一。たて。「干戈(かんか)干城
突き進み犯す。「干犯
無理に他とかかわりを持つ。「干渉干与
求める。「干禄
えと。「干支十干
いくらか。「若干
てすり。「欄干
[名のり]たく・もと
[難読]干支(えと)射干(しゃが)若干(そこばく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ【干/乾】
[動ハ上二]《上代語》「ひ(干)る」に同じ。
「妹が見し楝(あふち)の花は散りぬべしわが泣く涙いまだなくに」〈・七九八〉
[補説]上代では、未然形連用形乙類仮名が用いられているので、上二段活用であったと考えられる。平安時代以降は上一段化する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かん【干】
干支えとに用いる語。 → 十干じつかん
横笛の穴の一。指で押さえる穴が六つある笛の一番下の穴。 -の穴は平調ひようじよう/徒然 219
古代朝鮮や中国で八佾はちいつの舞を舞う際に用いる装飾ある盾。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ【干】
上二
上代語
ひる(干)に同じ。 なばまたも我来む/万葉集 3710 中古以降は上一段活用。に対する自動詞

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん【干】
〘名〙 横笛の指穴の名。七つの穴のうち、一番下の穴をいう。
※徒然草(1331頃)二一九「横笛〈略〉干の穴は平調

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

干の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.