Rakuten infoseek

辞書

幣制改革【へいせいかいかく】

大辞林 第三版

へいせいかいかく【幣制改革】
1935年11月、中国国民政府が英米の支援を受けて行なった貨幣制度の改革。33年秤量貨幣としての銀両を撤廃した国民政府は、さらに35年、政府系銀行の発行する「法幣」という紙幣に通貨を統一。英米の支援もあって、外国為替レートを安定させ景気も回復に向かった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいせいかいかく【幣制改革 bì zhì gǎi gé】
近代中国における貨幣制度改革。伝統中国社会は銀両,銅銭を主とする雑多な貨幣が流通する経済であった。欧米諸国との接触ののち,中央政府財政の近代化と分断的市場体系の統一化をめざして,一つの本位貨幣による統一幣制の確立が課題とされた。清末から1929年のケメラー案にいたる幣制改革への各種提言はこの流れに沿ったものである。実効ある改革は,27年に,従来の軍閥政権に比べて,欧米諸国の強力な支援と,上海を中心とする経済力そして官僚・軍事機構に依拠した南京国民政府によって着手された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

幣制改革
へいせいかいかく
中国の通貨制度の改革、とくに国民政府により1935年に行われた改革をさす。その意義は、〔1〕通貨発行銀行を中央、中国、交通、中国農民の四銀行(42年には中央銀行のみ)に集中したこと、〔2〕33年の「廃両改」により旧来の秤量(ひょうりょう)貨幣から銀本位貨幣に進み、それを受けて金本位制を経ずに管理通貨の「法幣」を発行したこと、〔3〕外貨とリンクしたこと、などがあげられる。
 幣制改革にはイギリス政府の首席経済顧問リース・ロスが指導にあたったため、外貨とのリンクは最初はイギリス・ポンドであったが、1936年の米華銀協定以来アメリカ・ドルと緊密化し、ドル圏の支配下に入った。第二次世界大戦後まで続いたが、国民政府が政治的・財政的な安定に欠けたため、48年に廃止された。[加藤祐三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいせい‐かいかく【幣制改革】
〘名〙 通貨制度の改革。特に、管理通貨制をはじめて導入した、一九三五年、中国の南京国民政府による改革をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幣制改革」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幣制改革の関連情報

関連キーワード

山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩治安維持法キューカー

他サービスで検索

「幣制改革」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.