Rakuten infoseek

辞書

幕府【ばくふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幕府
ばくふ
武家による政治組織,政庁。元来,近衛府 (このえふ) の唐名で,のちには近衛大将軍,さらに近衛大将その人をも称した。中国では,出征中の将軍の府署をいった。武家の政庁としては,源頼朝が建久1 (1190) 年右近衛大将に任じられたところに名称の契機を求められるが,頼朝は右近衛大将をまもなく辞し,征夷大将軍の官職を望み,同3年これに任じられて以来,鎌倉,室町,江戸時代を通じて,征夷大将軍が武家政権 (→武家政治 ) の総帥の地位を表わし,その政権あるいは政庁を幕府と呼んだ。したがって各時代の武家政権または政庁を鎌倉幕府,室町幕府江戸幕府と呼ぶが,この称呼は右近衛大将となんら関係がなく,武家政権を意味する歴史学的概念として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばく‐ふ【幕府】
《古く陣中にいる将軍が幕を張った中で軍務を処理したところから》
陣中で将軍がいる所。柳営。
近衛府唐名。また、近衛大将居館
武家政権の政庁。また、その権力組織。源頼朝が建久元年(1190)に右近衛大将に任ぜられたことからその居館を幕府と称するようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばくふ【幕府】
征夷大将軍(せいいたいしようぐん)を首長とする武家政権。鎌倉,室町(足利),江戸(徳川)幕府がある。織田信長,豊臣秀吉の政権は武家政権ではあるが,信長,秀吉が征夷大将軍とならなかったので幕府とは呼ばない。今日一般に行われているこのような幕府概念は,江戸時代に成立したものである。 本来幕府とは,中国で出征中の将軍の軍営をいい,戦陣に幕を張って軍営を設営したゆえである。日本では幕府は近衛府の唐名で,転じて近衛大将やその居館を意味した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ばくふ【幕府 mù fǔ】
中国では,天子を輔佐する者や天子の委任を受けた者が,長官として府を開き属官を置いたが,野戦軍司令官の場合は帷幕(いばく)で府を設営するのでこれを幕府といった。ここから転じて一般官署の意味にも用いられる。幕府の語は戦国時代ころから見られ,前漢の李広や衛青らも匈奴討伐のために前線に幕府を設けた。幕府の語が官署の意味に用いられるようになるのは,後漢の明帝時代,東平王蒼が驃騎将軍となって自己の政庁を置き,天子を輔佐したときあたりからだという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばくふ【幕府】
〔戦場で、幕を張って将軍の陣営としたことから〕 将軍の本営。柳営。
近衛府の唐名。転じて、近衛大将の居館。
〔右近衛大将であった源頼朝が征夷大将軍となったのちもその居館をさしたことから〕 武家政権の政庁。また、鎌倉・室町・江戸幕府の将軍。また、武家政権そのもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

幕府
ばくふ
大将軍の本営をいう。幕は帳幕のことで、軍隊が行動するとき随時に幕を用いてその陣を取り巻いて府としたところに語源がある。また一説には、幕は莫(大という意)ないしは漠のことで、昔中国で衛青(えいせい)という者が匈奴(きょうど)を征した際、大砂漠の中に設けた府、つまり軍営に基づくともいわれる。日本では近衛府(このえふ)の唐名、転じて近衛大将の居館をいった。のちに1190年(建久1)源頼朝(よりとも)が右近衛大将に任ぜられると、鎌倉の居館は幕府とよばれ、92年頼朝が征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)になったあとも引き続いてその居館をさしたことから、武家政権の首長およびその居館をいった。歴史学では、鎌倉・室町・江戸幕府のように将軍を首長とする武家政権そのものを意味する。[伊藤清郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばく‐ふ【幕府】
〘名〙
① 出征中の将軍の陣営。柳営。
※史記抄(1477)一五「莫府は幕と莫と通ずるぞ、将軍は、いく処に幕を張て居程に、幕府と云ぞ」 〔史記‐李広伝〕
② 近衛府の唐名。転じて、近衛大将の居館。また、近衛大将をさす。
※本朝文粋(1060頃)五・為清慎公請罷左近衛大将状〈菅原文時〉「帷帳無籌。何高枕於幕府
③ (右近衛大将であった源頼朝が建久三年(一一九二)征夷大将軍となったあとも、ひき続いてその居館を呼称したことから) 武家政権の首長およびその居館の呼称。また、鎌倉・室町・江戸時代の武家政権そのものをもさして用いる。柳営。
※吾妻鏡‐文応元年(1260)四月二六日「将軍家御居所者称幕府

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幕府」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幕府の関連情報

他サービスで検索

「幕府」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.