Rakuten infoseek

辞書

幕僚【ばくりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幕僚
ばくりょう
参謀」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばく‐りょう〔‐レウ〕【幕僚】
帷幕(いばく)の属僚。君主・将軍などを補佐して、重要な計画に参加する幹部。
軍隊で、指揮官に直属して参謀事務に従事する者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばくりょう【幕僚 staff】
軍隊で高級の指揮官を直接補佐する者をいう。補佐には指揮官の企図全般に関する分野と専門事項に関する分野がある。旧日本陸軍では参謀と副官,旧海軍ではこれに軍医長などもあわせて幕僚と呼び,〈高等統帥ノ職務ヲ補佐シ殊ニ国防及用兵ニ関スル職務ニ参画シ又軍隊練成ノ職務ヲ掌ル〉者を参謀とした。 幕僚は古代エジプトの軍隊に発生したといわれ,軍隊規模の拡大,戦場の広大化につれ軍隊の管理・維持,作戦面に補佐者を要するようになったことに起因している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばくりょう【幕僚】
将軍・君主などの参謀。
軍隊で、司令部に直属し参謀事務に関与する将校。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばく‐りょう ‥レウ【幕僚】
〘名〙
帷幕(いばく)の属僚。また、君主、将軍、大将などを補佐して謀議にあずかるもの。〔広益熟字典(1874)〕
※柳北詩鈔(1894)三・秋懐十首「邏卒時々訊郷貫、幕僚往々列朝臣」 〔宋史‐顔伝〕
② 軍隊で、参謀事務に従事するもの。旧陸軍では、参謀と副官との呼称。旧海軍では、このほか軍医長、主計長、法務長などを含めたものを称した。〔戦時大本営条例(明治三六年)(1903)〕
③ 転じて、重要な計画に参加する部下。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉増税「君は堀君幕僚の一人ぢゃから必ず機密に参しておると想像して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幕僚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幕僚の関連情報

他サービスで検索

「幕僚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.