Rakuten infoseek

辞書

幕下【まくした】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幕下
まくした
力士階級の一つ。幕内より下ので,番付表で十両を除く二段目の階級をいう。下は三段目序二段,序ノ口。以前は十両を含めた二段目を二段目下と総称したこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばく‐か【幕下】
張りめぐらした幕の中。陣営。
近衛大将唐名
将軍異称
将軍の配下。また、家来手下

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まく‐した【幕下】
相撲で、力士の地位の一。十両の次位、三段目上位。昔は幕内に入らない者を総称したが、現在は、番付の二段目に名を書かれる力士のうち十両を除く者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばっ‐か〔バク‐〕【幕下】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばくか【幕下】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばくか【幕下】
ばっか幕下

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばっか【幕下】
張りめぐらした幕の中。転じて、将軍の陣営。
近衛大将または将軍の唐名。 - ・大理には馬ばかりをぞ奉られける/著聞 18
将軍・大将の配下。また、家来。手下。 大王の-に属しよくし/浄瑠璃・国性爺合戦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まくした【幕下】
相撲の番付で、十両の下、三段目の上の地位。昔は幕内の下段に記されたところから、幕内以下の地位の総称であった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばっ‐か バク‥【幕下】
〘名〙
① 張りめぐらした幕のもと。幕の中。転じて、将軍の本営。陣屋。陣営。また、政などを執るところ。
※経国集(827)一・重陽節神泉苑賦秋可哀応利〈滋野貞王〉「上苑楓林陰未薄、幕下巣空燕早辞」 〔戦国策‐魏策〕
② 近衛大将(このえのたいしょう)の唐名。〔公卿補任‐保延五年(1139)源有仁〕
③ 将軍または大将軍の称。
※吾妻鏡‐建仁三年(1203)九月一五日「幕下大将軍二男若君」
※古今著聞集(1254)一一「幕下申されけるは、君の御秘蔵候御物に、いかでか頼朝が眼をあて候べきとて」
④ 将軍の配下に属する者。家来。また、手下。配下。転じて、その勢力下に入った者。
※尺素往来(1439‐64)「随而将軍家幕下大理兼帯御供奉事」
※俳諧師(1908)〈高浜虚子〉五二「佐野の奴の幕下(バクカ)で十五円の給料では」 〔韓愈‐送温処士赴河陽軍序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まく‐した【幕下】
〘名〙 力士の階級の一つ。昔は幕の内以下の力士の総称。番付の最上段に幕内力士の名を書き、以下はその下に記されたところからいう。現在は十両と三段目との間の地位。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「俗に幕下十名を十両取といひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばく‐か【幕下】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幕下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幕下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.