Rakuten infoseek

辞書

幅広/巾広【ハバビロ】

デジタル大辞泉

はば‐びろ【幅広/巾広】
[名・形動]《「はばひろ」とも》
普通のものより幅の広いこと。また、そのさま。「―な(の)リボン」
幅広帯」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はばびろ【幅広】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「はばひろ」とも〕
普通より幅の広い・こと(さま)。 「 -な単衣ひとえ」 「 -の紙」
「幅広帯」の略。 「茶じゆすの-はさみ結びにして/浮世草子・一代男 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はば‐びろ【幅広】
〘名〙 (「はばひろ」とも)
① (形動) 普通より幅が広いこと。また、そのさまやそのもの。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一一「幅広(ハバビロ)に腰を蔽ふ藤尾の帯を」
② (形動) わざと大げさにふるまうこと。また、そのさま。
※評判記・役者口三味線(1699)よし沢あやめ「きけばぬしからが借屋かってゐる身じゃげなが。いかふはばびろに出やって」
浮世草子・好色一代男(1682)一「わけしりだてなる茶じゅすの幅広(ハバビロ)はさみ結びにして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はば‐ひろ・い【幅広】
〘形口〙 はばひろ・し 〘形ク〙 (「はばびろい」とも)
① 物の幅が広い。太い。
※河霧(1898)〈国木田独歩〉「小川の流は此処に来て急に幅広(ハバヒロ)くなって」
② 各層の人々にわたっている。また、ひとりの人の活動の分野などの範囲が広い。
※評判記・難波物語(1655)「手くだのおとこをあらそひたりし事は、まことにはばひろき取さたなりき」
※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉四「幅ひろい活動をして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幅広/巾広」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幅広/巾広の関連情報

他サービスで検索

「幅広/巾広」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.