Rakuten infoseek

辞書

常磐津小文字太夫(5代)【ときわず こもじだゆう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

常磐津小文字太夫(5代) ときわず-こもじだゆう
?-? 幕末の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
常磐津節の4代常磐津文字太夫(豊後大掾(ぶんごのだいじょう))の養子となり,文久2年(1862)5代小文字太夫を襲名。同年離縁となり故郷上野(こうずけ)(群馬県)桐生(きりゅう)にかえった。通称は新安,桐生小文字太夫。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

常磐津小文字太夫(5代)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常磐津小文字太夫(5代)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.