Rakuten infoseek

辞書

常磐津兼太夫【ときわづかねたゆう】

世界大百科事典 第2版

ときわづかねたゆう【常磐津兼太夫】
常磐津節の太夫。(1)初世 2世常磐津文字太夫の前名。(2)2世(1755‐1802∥宝暦5‐享和2) 初世の弟。初名大和太夫。1787(天明7)11月2世襲名。一門の実力者であったが,3世文字太夫を相続しようとして失敗,99年(寛政11)破門され,吾妻国太夫を名のって一派を立てたが,1802年(享和2)6月横死。恵橋と号し,また大橋の兼太夫と呼ばれた。(3)3世(1761‐1814∥宝暦11‐文化11) 2世の門弟。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

常磐津兼太夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常磐津兼太夫の関連情報

他サービスで検索

「常磐津兼太夫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.