Rakuten infoseek

辞書

帷子【かたびら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帷子
かたびら
夏のきもの。古くは片枚 (かたひら) と記し,裏のない衣服をすべてこう呼んだが,江戸時代には, (ひとえ) 仕立ての絹物を単と称するのに対して,麻で仕立てられたものを帷子と称した。武家しきたりを書いた故実書をみると,帷子は麻に限らず,生絹 (すずし) ,紋紗 (もんしゃ) が用いられ,江戸時代の七夕 (7月7日) ,八朔 (8月1日) に用いる白帷子は七夕にはを置き,八朔には糊を置かないのがならわしとなっている。ゆかた湯帷子が本来の名称であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かた‐びら【帷子】
(あわせ)の片枚(かたひら)の
裏をつけない衣服の総称。ひとえもの。
生絹(すずし)や麻布で仕立てた、夏に着るひとえの着物。 夏》「青空のやうな―きたりけり/一茶
経帷子(きょうかたびら)のこと。
几帳(きちょう)帳(とばり)などに用いて垂らす絹。夏は生絹(すずし)、冬は練り絹を用いた。
「御几帳の―引き下ろし」〈・若紫〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたびら【帷子】
夏の着物の一種。かたびらは袷(あわせ)でなく裂(きれ)の片方を意味し,帳(ちよう)の帷(い)や湯帷子(ゆかたびら)はその原義を示しているが,のちには単物(ひとえもの)を称するようになった。このほか装束の下に用いる帷子と,小袖の表着(うわぎ)としてとくに麻あるいは生絹(きぎぬ)の単物をいう場合もある。装束の帷子は,はじめ装束の下に肌身につけた汗取(あせとり)から起こり,夏に袷衵(あわせあこめ)をはぶいて単襲(ひとえがさね)を着て,下に麻の帷子を着用した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたびら【帷子】
あわせの片ひらの意
裏を付けない衣服。ひとえもの。
装束の下に着るひとえの布製の衣服。
夏用の麻の小袖。薩摩上布・越後上布などが用いられた。[季] 夏。
几帳きちよう・帳とばりなどに用いて隔てとする薄い絹布の垂れ布。
経帷子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

帷子
かたびら
ただ帷と書かれることもある。衣服および調度の用語。
(1)公家(くげ)の衣服の場合は、布製(植物性の繊維で織ったもの)の単(ひとえ)仕立ての下着。近世以降の小袖(こそで)の場合は、布製の単物の着物のこと。江戸時代の御殿女中が夏季に着用のものには、越後上布(えちごじょうふ)、奈良晒(ざらし)、薩摩(さつま)上布などに藍(あい)染めで詳細な模様を表し、さらに刺しゅうを加えた「茶屋辻(つじ)」とよばれる技法を施した小袖もある。また、夏の季語として帷子を用いるように、現在「帷子時」といえば盛夏の時節をさす。
(2)公家調度においては、帳台や几帳(きちょう)にかけて垂らす、表裏とも平絹(ひらぎぬ)や綾(あや)で仕立てられた幕状のものをさす。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐びら【帷子】
〘名〙 (あわせの「片ひら」の意)
① 几帳(きちょう)、御帳(みちょう)、壁代(かべしろ)などに用いて、へだてとするたれ布。夏は生絹(すずし)、冬は練絹(ねりぎぬ)を用いる。
※書紀(720)大化二年三月(北野本訓)「其の葬らむ時の帷(カタヒラ)(かたしろ)等は白布を用ゐよ」
※栄花(1028‐92頃)初花「御几帳のかたびら掛けかへ、御鏡など持て騒ぎ参る程」
② 裏をつけない布製の衣類の総称。夏は直衣(のうし)の下に着る。
※枕(10C終)三三「夏などのいと暑きにも、かたびらいとあざやかにて」
※平家(13C前)一〇「廿ばかりなる女房の、色白う清げにて、まことに優にうつくしきが、目結(めゆひ)のかたびらに染付けの湯巻きして」
③ 夏に着る、麻、木綿、絹などで作ったひとえもの。また、一般に、ひとえの着物。かたびらきぬ。《季・夏》
※仮名草子・尤双紙(1632)上「むさき物之しなじな〈略〉かたびらのしみもの。はなくそ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「四月から九月までの間で袷と羅衣(カタビラ)の時候に用るのさ」
④ 仏式で、葬る時、名号、経文、題目などを書いて死者に着せる着物。白麻などでつくる。経帷子(きょうかたびら)
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「浄土の三部経を書きたるかたびらを上に著て」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「死では何も入ぬぞ。帷子(カタヒラ)ひとつと銭六文を四十九日の長旅のつかひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帷子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帷子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.