Rakuten infoseek

辞書

帯隈山神籠石【おぶくまやまこうごいし】

国指定史跡ガイド

おぶくまやまこうごいし【帯隈山神籠石】

佐賀県佐賀市久保泉町にある城跡。佐賀平野の北方東西に連なる脊振(せふり)山系から南に下った標高177.3mの帯隈山周辺に築かれた古代山城で、1941年(昭和16)に発見された。広範囲の山地を利用した雄大な規模で、切り石の技巧にも見るべきものがあるなど、この種の遺跡として特殊な価値を有し、古代文化を知るうえで重要とされ、1951年(昭和26)に国の史跡に指定された。山城丘陵腹部を縫う3つの谷にまたがり、全長約2400mに達する。列石は高さ60cmほどの花崗岩の切り石が並べられ、欠失した部分や不明の個所もあるが、ほぼ列石線をたどることができる。北部には平坦な地域があり、門跡と推察される遺構も存在。西南部渓谷には水門と思われる地があり、発掘によって巨大な列石の並列状態が確認された。JR長崎本線神埼駅から車で約18分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

帯隈山神籠石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帯隈山神籠石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.